地面にわかめが生えている、ような…
こんにちは。
ことしのきのこの画像まとめをしていたところ、なつかしい画像が見つかりました。
なのでそれについてレポートします。

小さいころ、よく、地面にワカメみたいなのが生えていることが気になりました。
でもともだちもみんな、ワカメワカメ!と言って、あれはどこにあるかとか関係なく、実際のワカメと関係なく、ワカメてきなあつかいになっていました。

すこし前に、知人に、あれはなんだろうね、と聞かれて、地面に生えるワカメで検索したらわかるんじゃないですか?と言ったのですが、そのとおり、検索したら即わかりました。

d0051963_152871.jpg
こんな光景を見たことのある方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
湿った日、歩いていて、地面を見るとあっワカメ!
しばしばあることではないでしょうか。

d0051963_1544017.jpg
ワカメっぽい。
これはワカメでまとめたいところです。

実際には、これはイシクラゲというものです。
これは、藍藻(シアノバクテリア)という、真正細菌のなかまです。
つまり、このワカメてきなものは、細菌らしいのです。
光合成を行う細菌です。

きのこや変形菌などを見ていると、生物は見た目通りにジャンル分けされるわけではない、似ていてもそのもののつくりはすこし違って種類としてはぜんぜん違うものだ、とよく感じます。

これもそのように、ワカメみたいなのに、細菌ジャンルなわけです。
そうなんだ!とわたしは驚きましたが、これはなんだかんだいって、わたしにとって地面に生えるワカメです。

でもこれがなんなのかわかって、すこしすっきりしました。
細菌ワカメをこれからも目にすることでしょう。

わたしはなんだか、これについては保育園のころに、外遊びで保育園の外をうろうろしたとき、見つけてみんなで騒いだ思い出が、色濃いです。
みなさまもきっとこれを見て、ワカメ!と言った記憶がある方が多いのではないでしょうか。

地面に生えるワカメについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-10-28 02:10 | 動植物・かがく
<< おばけのペットボトルカバー 簡潔な文章 >>