キイボカサタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg

d0051963_2328437.jpg

見た目:目をひく鮮やかな黄色のきのこです。
傘のてっぺんにツノが生えているみたいになっていて、柄はきゃしゃで細長く、たいへんかわいらしいきのこ。
時期:夏~秋です。おととしは梅雨の深まったころ、暑くなったときに一気に生え出しましたが、去年は秋にしか見ませんでした。
大きさ:傘の径2cm~4cmくらいのものを見ました。
食毒:毒きのこらしいです。図鑑には毒?とだけ書かれていて、よくわからないのですが、中毒症状を起こした例があるらしいので、毒きのこということにしておいたほうがよさそうです。


d0051963_23251826.jpg
2011.8.1
地面から、生えてくるのをいつも見かけます。
とてもかわいらしいきのこなので、はじめて見たときには興奮してしまいました。

d0051963_2325273.jpg
2011.8.6
これは傘がけっこう開いてきているときですね。
力強く開いています。

d0051963_23253431.jpg
2011.9.29
生えるときには、このあたりの地面に、少し距離を置いていくつものキイボカサタケが生えてきているのを目にします。
それは、愛らしい光景です。

d0051963_23254211.jpg
2011.10.1
ふたつ並んで生えるキイボカサタケ。
ツノみたいな部分がかわいらしいです。
黄色くて、このツノのような部分があるから、キイボカサタケなのですね。

d0051963_23254999.jpg
2011.10.6
前の写真と同じものです。
傘が開いてきています。



キイボカサタケは、生える時期になると、あっちにもこっちにも、愛らしい姿をあらわしてくれて、とてもうれしいきのこです。
wikipediaによると、「このキノコからは、不快な臭いが出ており、多くの場合、近くに寄っただけでも臭いを感じることができる。」ということなのですが、かなり近寄ったりしたこともあるわたしは感じたことがありません。
鼻がわるいのでしょうか。
このきのこも、前に紹介したベニヒダタケ同様、鮮やかな黄色が目をひくので、見つけやすいかもしれません。
そして、てっぺんにツノのような突起があるので、形もわかりやすいです。
毎年このきのこを見るので、きっと今年も見ることでしょう。
たのしみです。

キイボカサタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-06-13 23:55 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
<< アカイボカサタケ (麻ブログに... クロコブタケ (麻ブログにわか... >>