カテゴリ:刺繍( 75 )
decibel × 麻 新作Tシャツできました
こんにちは。
先日は美殿町つくる市3の2日目が台風により中止になってしまいました。来店を予定してくださっていた方々、どうもありがとうございます、すみませんです!
次回は11月3日(月・祝日)11じ~16じまで、ぎふ各務原市学びの森、市民公園で行われる「マーケット日和」という展示、ワークショップ、セレクトマーケット、古本市など盛りだくさんの内容のイベントの、セレクトマーケット(学びの森会場)で麻ショップ15出店します。どうぞよろしくおねがいします。

先日、なごや栄にあるレコードCD・喫茶 デシベルさんとのコラボレーション企画第4弾(このブログでは紹介できていませんでしたが第4弾までコラボ企画をやってました)!!!
新作Tシャツが完成しました。

d0051963_2255347.jpg
5色の刺繍Tシャツです。
わたしはブギってる女性を刺繍しました。

d0051963_2259149.jpg
これは刺繍のアップめのしゃしんです。
縫っている間に同じ図案の女性なのに個性が出てきておもしろいです。刺繍はやっぱりたのしい!

こちらのサイトから、通販もできます。

デシベルは、いつもあそびに行ったりごはんを食べたりしているのですが、行くと知らない人となかよくなったり、いろんな人とおはなしができて、お店のやのさんとれいちゃんがとてもすてきで、とても落ち着く、でもとてもエキサイティング!できるお店です。
わたしはとてもお世話になっていて、ことし2月には、あろうことかこのブログでは告知も紹介もしていないのですが、個展のようなこともさせていただきました。


d0051963_23101896.jpg
麻と菌のつぶつぶ展

そのようすもまたこのブログでもご紹介したいです。

わたしは前の冬にデシベルでグラタンを食べまくっていたのですが、ことしもれいちゃんのグラタンはじまったようです。
d0051963_23135520.jpg
ということで食べました!わたしが第1号らしいやったぁ!ことしもいっぱい食べます。
あったかくておいしいです。ほわ~ってなりますよ。おすすめ!

なごや栄デシベルは月・火が定休日で、それ以外の日の12じ~23じまで営業しています。
たのしいお店です、おすすめ!
読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2014-10-13 23:19 | 刺繍
ポチシューズ
こんにちは。
おひさしぶりです。また麻ブログはひさしぶりの更新となってしまいました。
今日はポチシューズを紹介します。

d0051963_032369.gif
これが、ポチシューズです。
履くと足がポチになれるすぐれものです。
くつに縫うということは手間がかかりましたが、ポチらしく仕上がったので満足です。

d0051963_0342217.jpg
宇宙犬ポチは、さっそく調査のためか、食べていました。

これは、おかあさんのたんじょうびプレゼントでした。
弟が、じぶんのみせ?で取り扱っているくつを渡してきて、これにポチを刺繍しておかあさんにあげないか、と提案してきたのです。

d0051963_0374027.jpg
宇宙犬ポチとポチシューズです。
おかあさんはとてもよろこんでくれたのでよかったです。足をポチにして、これからもげんきに歩いていってほしいことです。

ポチシューズについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2013-10-05 00:38 | 刺繍
おやすみティッシュケース
こんにちは。
今日は、去年つくったティッシュケースを紹介します。

d0051963_21332580.jpg
これがそのティッシュケースです。
おやすみティッシュケースといいます。

d0051963_2134910.jpg
おやすみしている人たちは、とりはずし可能です。
とりはずせばこれは、おふとんティッシュケースになります。


d0051963_2135532.jpg
おやすみしようとしているかれらは、へそスナップボタンでおふとんにつながれています。

d0051963_2138486.jpg
かれらにはちゃんとおしりがあります。


ティッシュケースとしての使い勝手はどうか、ということになりますと、使えないことはないというかんじです。
ティッシュという、ふわふわの素材が、おふとんに入っているかれらのゆめを、やさしく包んでくれるといいです。
どちらかというと、ティッシュケースですから、おふとんと、おふとんに入っている人たちがティッシュを包んでいるのですけれど。


d0051963_2144505.jpg
これをつくったのはこんな雪が舞うような去年のふゆのことでした。

去年のふゆにわたしは、睡眠や、睡眠周辺のことについていつも考えていました。おふとん、まくら、パジャマ、おやすみ、安眠、おはよう、おやすみ、さようなら。

ティッシュケースのおふとんでねむろうとしているかれらが、今日もぐっすり眠って、いいゆめが見られますように。

わたしがよくあそびにいっているすてきなお店、decibelで、「海旅Camp」と書かれたチラシが置いてあるのを見ました。
そのイベントに関わっている女性がそのときお店にいて、おはなししたのですが、海旅Campというのは、夏休みに福島から約10組の家族を岐阜県に招き、リフレッシュしてもらおうという保養企画らしいです。
わたしはそれはぜひ、リフレッシュしていってもらいたいなぁと思いました。


まだ、そのためにかかる費用が足りないようです。支援募集中です!わたしは超超超微量ながら募金をしました。超超超微量ですが。
福島の方たちが、どろんこでいっぱいあそんで、ぐっすり眠れるといいです。



ところで、麻ブログはしばらくお休みいたします。
いつも開店休業中みたいなブログですし、何も言わずに数か月更新がないことなどもあったのに、何をいちいち、というかんじでよく分からないのですが、一応今回は宣言してお休みします。
麻ブログ、お休みします!
なんだか宣言すると誇らしげになってきたりもしました。
お休みするのに誇らしげなこともなにもないのですが、麻ブログ、お休みします!

そのうちまた再開します。
みなさま、いつも読んでくださりありがとうございます。
再開したら、またよろしくお願いいたします。
では、しばしのお別れです。更新があまりないので、常にお別れしているような状態ではありますが。

麻ブログを読んでくださり、今日もありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2013-07-20 23:00 | 刺繍
すこやかちゃん
こんにちは。

とつぜんですが、すこやかちゃんを紹介します。

d0051963_1924164.jpg
これが、すこやかちゃんです。

すこやかちゃんは、何かというと、友だちにこどもが生まれたので、そのこがすこやかに育つようにと、わたしの手から生まれてきたすこやかちゃんです。

その友だちとわたしは、中学校のときから仲がよくて、廊下で出あうと何も言わず殴りあうような関係でした。とてもおもしろいこだったのです。高校は違いましたが、みんなで焼き肉をしたり、バーベキューをしたり、とぼとぼ歩いたり、それからも仲がよかったです。

そして、ついこないだまで、けっこんとか、子どもとか、みんな急に言っててひぃ~っとなる、みたいに話していた気がします。(ついこないだはついこないだでもないのでしょうが)
そんな友だちも、いつのまにかけっこんして、今回おとうさんになったのです。
なんだかふしぎなかんじですが、とてもうれしいことです。おめでたいことです。

おとうさんとおかあさんの愛を受けてすこやかに育つ、かわいいおはなのような友だちの子どもをイメージして?すこやかちゃんは生まれました。
すこやかちゃん、かわいがってもらえるといいです。
そしてすこやかに育ちますように。

わたしはというと、昨日飲みすぎて、頭に冷えピタを貼りながらこの記事を書いているくらいなので、まだまだのようです。

すこやかちゃんについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2013-06-18 19:29 | 刺繍
すきなものバッジ
こんにちは。
今日は、去年した刺繍を紹介します。
去年の11月~12月にかけて、わたしはすきなものバッジをつくることにはまっていました。

すきなものバッジとはなにか、これです。

d0051963_0232298.jpg
これは、カエルがすきなひとのためのカエルバッジたちです。
左から、アカメアマガエルベントリヤドクガエルモウドクフキヤガエルです。

カエルと言っても、たくさんの種類がいますね。わたしはカエルというときみどりいろのアマガエルをまず思い起こしますが、あれもきれいなきみどりいろをしています。
刺繍したカエルたちはいろいろな鮮やかないろをしています。
ほかにも、赤と青のカエルとか、水色に黒のぶちのやつとか、いろんな色がいます。
たぶんそれらの多くは毒ガエル、ヤドクガエルのなかまです。
ヤドクガエルは、生息地の食べたものから毒をつくるようで、毒の含まれないえさで飼っていると無毒になるらしいです。

刺繍した、いちばん右のモウドクフキヤガエルは、名前がすごく気になりました。
そんななまえのカエルはすごいです。近寄りがたいです。

d0051963_0371189.jpg
これはバッジの裏側。バッジが縫いつけられています。

ほかにもすきなものを刺繍しました。
d0051963_0375813.jpg
これは友だちの愛犬、プクとななちゃんを刺繍したバッジです。
とても愛らしい子たちで、わたしも刺繍し甲斐がありました。
プクもななちゃんも、わたしもとてもすきです。

d0051963_264100.jpg
これは、前にも紹介したのですが、これも友だちのすきなものバッジです。
細かくはいいませんが、こんなものも作りました。

ほかにも、友だちのこどもをバッジにしたりしました。

バッジつくりはとてもたのしかったです。
刺繍はともかく、ふちどりがなかなかめんどうなのですが、ふちどりに使う布を選ぶのもなかなかたのしいです。

すきなものバッジについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-06-17 22:41 | 刺繍
宇宙犬44さいおめでとう、きのう
こんにちは。
きのうは宇宙犬ポチのうまれたひ、たんじょうびでした。

d0051963_0114320.jpg
ろうそくのあかりで、ケーキを待ちわびるポチ。

宇宙犬ポチも、もう7さいになりました。7年も彼といっしょにいるのです。
いとおしいわけです。
人間のとしだと44さいらしいです。わたしよりあっというまにとしをとっていくポチ。

d0051963_0161192.jpg
ケーキはおかあさんがつくってくれました。
たまごととうふと小麦粉なんかを焼いた生地に、つぶしたじゃがいも、ブロッコリー、トマト、普段のごはんで飾り付けです。

7さいになったポチには、プレゼントをつくりました。

d0051963_0181419.jpg
これがなにだかわかるでしょうか。
「7」です。7さいなので、7をプレゼントしました。
刺繍は1日がかり、即興?で、思うがまま、ポチへのきもちを縫いつけました。
春らしく仕上がったような、気がします。

ポチは、すぐにこれで遊んでくれました。



ポチが「7」に夢中になるのは、7のなかに、豆袋が入っているからです。
豆袋は歯ごたえがあり、宇宙犬ごのみです。

d0051963_0244378.jpg
これが使用後です。
ポチがたのしんでくれたことが伝わるでしょうか。
1日かけて刺繍した「7」を、噛みしめてくれたポチ。
むしろこちらがうれしくなってしまいます。

これからも、すこやかな宇宙犬でいてください。いっしょにいてくれて、ありがとう。
宇宙犬のたんじょうびについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-03-09 00:30 | 刺繍
おばけのペットボトルカバー
こんにちは。
先日、友だちにペットボトルカバーでかわいいのがなかなか売ってないからつくってくれないかと依頼され、つくりました。
おばけの刺繍をしてほしいということだったので、小4のころ、恐怖画をいかにリアルに描けるか、ということにはまっていたわたしは、むかしを思いだし、どんなおそろしいおばけを刺繍しようかと夢想しました。

しかし友だちは、マシュマロみたいなおばけがいい!と言っていて、マシュマロ?と拍子抜けだったわけです。
考えてみれば、そんなおそろしいおばけ刺繍のペットボトルカバーを友だちが持っていても仕方がなく、その友だちにはかわいいほうが似合うのです。
もちろん依頼主の意向ですし、友だちににあうものということを考えると、そこはたのしくかわいらしくつくってみました。

d0051963_146442.jpg
マシュマロみたいか、よくわかりませんが、なんとなくかわいらしくはできたと思います。
おばけの布の部分がしわになっているのは、おばけのおぼろげなようすを表現したからです。(後付けですが)

おばけなので、グレーの布でつくろうかな?と思っていたのですが、色を聞くと赤がいいと言っていたので、赤にしました。
赤におばけ、というのもそのままでは中途半端なので、暗めな布を縫い付け、暗いせかいから赤のせかいにあらわれてくるおばけという設定にしました。
ただグレーの布におばけを縫いつけるよりも、赤という指定によって、考えることができてたのしかったです。

d0051963_158197.jpg
宇宙犬ポチはこのペットボトルカバーを抱きしめて、宇宙犬力を注入していました。

依頼物を宇宙犬に近付けていいのか、という指摘もあるかもわかりませんが、宇宙犬を好いてくれているとても親しい友だちなので、わかってくれます。
親しい仲には宇宙犬あり、です。

さて、このペットボトルカバー、じつは中になにか入っていました。ペットボトルではありません。
d0051963_23228.gif


d0051963_263958.jpg
せっかくなので、おばけにおいて、かわいいとこわいの境界くらいの土鈴をつくって中に入れました。
わたしの思いです。

かわいいと感じるかこわいと感じるか、人によりけりです。
アザラシとよく間違えられました。

たのしい刺繍でした。
相手のことがあると、じぶんもより広がる気がします。
ペットボトルカバーの型紙をつくったので、せっかくなので、またつくってみたいと思います。
おばけのペットボトルカバーを見ていただきありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-10-29 02:17 | 刺繍
どろんこさんへもコケ(きのこ)刺繍
こんにちは。
先日は敬子さんに頼まれていた刺繍をお届けしたようすをお伝えしましたが、同じころ、どろんこさんにも刺繍を頼まれていました。
敬子さんの刺繍を終えた後、すぐにその刺繍をはじめ、こないだ完成しました。
テーマは同じ、コケなどの刺繍です。

d0051963_23355247.jpg
これがその刺繍です。
Tシャツに刺繍しました。

d0051963_2347823.jpg
これは刺繍のアップです。

どろんこさんとは、とうげい教室で知り合ったのです。
どろんこさんは陶芸がたいへんお上手で、いつもすごい速さでろくろをひいたり、夢のようにすてきな作品を次々生み出します。

そんなどろんこさんには、うつわの要素のあるきのこを、と考えました。
左上の茶色、赤色のものが、きのこなのですが、これはタコウキン科かその近い種類のきのこで、よく木に硬そうにたくさん生えているようなものです。
それが、なぜかまるかってまるで器のように生えているものを前に見かけたのです。

そのまるでうつわのようなきのこを刺繍しました。
あとは、コケ3種類(ひとつには赤い胞子体が生えています)、植物の若芽ふたつ、地衣類1種類(きのこの根元あたりにある、エメラルドグリーンのもの)で完成しました。

いろいろなみどりを使いましたが、コケの刺繍をするにはもっとたくさんの種類の緑色の糸があるといいな、と思いました。
みどりといっても、ほんとうにいろいろなみどりがあり、自然界のコケなどを刺繍しようと思えば、たくさんの色が必要になるのですね。
緑色はたくさん持っているつもりでしたが、まだまだです。こんど安いときに買い込みます。

Tシャツに刺繍したのですが、Tシャツの生地は伸びるので刺繍するとしわができやすいのです。
今回は裏にをはらなかったので、よけいです。
でも、昔よりはうまくできるようになったなぁと思いました。日々精進です。

この刺繍は、どろんこさんへのお礼でもありました。
今年1月のことなのですが、どろんこさんにすてきなやきものをいただいたのです。

d0051963_01984.jpg
これがそのいただいたものです。
これはもう、7年以上前に作られたものではないかと思います。
おもしろいかたち、たのしい作品です。
どろんこさん、どうも、ありがとうございます。
このお礼の刺繍です。

どろんこさんのブログでもこの刺繍を紹介していただきました。ありがとうございます。
これからもいろいろな刺繍をしていきたいです。
どろんこさんへの刺繍について読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-10-13 23:58 | 刺繍
野ばら文庫にお邪魔して頼まれた刺繍をお届けしました
こんにちは。
ずいぶん前に、野ばら文庫の敬子さんに、コケなどの刺繍を頼まれていました。
わたしは頼まれてすぐ始めたもののそのとき刺繍がさっと出来ずに、こんなに時間がかかってしまったのですが、完成したのです。

ですので完成品を届けに、前から行きたかった野ばら文庫さんのところに出かけました。

d0051963_23504393.jpg
敬子さんは、たいへんごうかなお昼ご飯を用意してくださりました。
採れたサツマイモ、ウインナーの天ぷら、卵の揚げたもの、みょうがの酢漬け、お味噌汁、玄米ご飯です!

卵をそのまま落として揚げたものや、ウインナーの天ぷらをわたしははじめて食べました!
サツマイモもおいしく、みょうがもおいしいです。
玄米を噛みしめました。いえ、なにもかもじっくり噛みしめておいしくいただきました。
敬子さん、ごちそうさまでした!

お話をいろいろしながらお昼ご飯をいただき、そのあとおやつとコーヒー、お茶でさらにお話タイムは進みました。
d0051963_004886.jpg
これは栗の渋皮煮というのでしょうか、栗を甘く煮たものです。
とってもおいしかったです。
これも敬子さんのところで採れた栗です。
d0051963_23394675.jpg
お話していると、くっちゃんが帰ってきてなにか話しはじめました。

まるで出かけていたときにあったことを話しているようににゃーにゃー言って、そのあとはうろうろしていました。

お話はとても楽しく続きました。
自然のこと、世の中のこと、実は敬子さんとふたりでこんなにお話しするのははじめてだったのですが、
つきることなくお話は続きました。
まるでいつも話していたかのようです。
敬子さんのお話は、はっきりとしていて、でもどこかやわらかく、なんだか穏やかなのにきりっとしている、わたしのよく見る森の風景を思い出しました。
そしてそんな、きれいな木々に囲まれた場所でお話ししました。

わたしはというと、人見知りともかく、ふだん自分の考えにうまくことばをあてはめることがたいへん苦手なのですが、
敬子さんの聞き上手か話し上手か、なんだかいろいろとお話が出てきて、わたしもお話をたくさんしました。

お昼にお邪魔したのですが、気付いた時にはもう17時前で、そんなにも話しこんでしまいました。
とってもたのしい時間でした。

d0051963_0583577.jpg
これがお届けした刺繍です。
コケのびっしり生えた、みずみずしい場所をイメージして刺しました。
相手のことを考えて、景色をつくっていくことはたのしかったです。
白いきのこは、トキイロラッパタケ(アンズタケ科アンズタケ属)の白色型です。
9月によく見かけたきのこです。
コケから生えている赤い線の伸びたものは、コケが胞子をとばすためのものです。

d0051963_1104832.jpg
野ばら文庫さんなので、本をお借りしました。
おすすめの本をお借りしたのですが、中沢新一さんの本は前からちゃんと読んでみたかったのです。
天動説の絵本という安野光雅さんの絵本もあり、興味のあったわたしは見ました。
敬子さん、ありがとうございます。

すてきな訪問になりました。
おいしいごはんをいただいて、たのしいお話をして、すてきな本までお借りすることができました。
この日、晴れていたら敬子さんをわたしのいつも行く森にご案内してみたいと思っていたのですが、雨だったので、また次回、それができるといいです。
敬子さん、すてきなじかんを、ほんとうに、どうもありがとうございます。
わたしのすてきな訪問を読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-10-07 01:29 | 刺繍
きのこセット
こんにちは。
わたしはきのこセットを作りました。
d0051963_23594397.jpg
これがきのこセットです。
何をするためのものかというと、きのこを引っこ抜いたり、また別の位置にくっつけて自分できのこを生やしてたのしむおもちゃです。

今回作ったきのこの種類は3種類です。
順にご紹介していきましょう。み・の・が・すなよー。(SDP)
わかるひとはいるのだろうか。それはどちらでもいいです。

まずは、きのこといえばこのきのこ、ベニテングタケ(テングタケ科テングタケ属・毒)です。

d0051963_081623.jpgd0051963_05681.jpg左が実際のベニテングタケです。と言いたかったのですが、ベニテングタケとわたしは出会ったことが、あるにはあるのですが、状態の悪いものだったので、ちゃんとしたベニテングタケの写真を持っていないのです。
他の人の写真を無断で使うわけにもいかず、わたしはこのきのこセットを紹介するにあたり、図鑑とかの写真を見ながら、絵を描きました。
ちょっと色付けがてきとうな気もしますが、だいたいこんなかんじです。
右が、マスコットベニテングタケです。作ったものです。
傘の下にあるひらひらは、ツバ(内被膜)といい、下の方で柄をつつみこんでいるものは、ツボ(外被膜)といいます。

わたしはいつも行く森ではこのベニテングタケを見かけたことがありません。
これの色違い、茶色に白いツブツブのテングタケは、よく見るのですが、赤いものは見ません。
平湯に行ったとき、ベニテングタケと思われるきのこが劣化したものを見ました。
ベニテングタケは、カバノキ科の樹木などに菌根を作って育つので、そういう樹木がわたしのいつも行く森にはないのでしょう。
平湯には確かにカバノキ科の樹木がありました。
wikipediaで見たら、マツの菌根菌でもあるようです。



次は、麻ブログで前に紹介した、ムラサキヤマドリタケ(イグチ科イグチ属・食)です。

d0051963_0382715.jpgd0051963_0384768.jpg
傘がむらさき色で、傘の裏の管孔は黄色、柄はむらさき色のきのこです。
傘はむらさき色と、黄色がもあもあに混じった色のものもあります。
色のかんじとは裏腹に、食べられる、おいしいきのこらしいです。
わたしは食べたことがありません。
右のきのこの柄のもようは、左の写真ではあまりわかりませんが、イグチでよく見られる模様です。
柄の模様と、傘の裏の管孔を刺繍しました。
人によっては不気味なかんじがするかもしれませんが、実際にあるきのこをただ表現しました。



最後は、麻ブログで何回か登場した、ツチグリ(ツチグリ科ツチグリ属・幼菌のころ食)です。

d0051963_0491197.jpgd0051963_0494291.jpg
きのことは思えないような佇まいで存在しているきのこです。
こういうきのこ、小さいときに野山で見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まるい中には胞子が入っています。
このきのこ、まだ土の中で、丸っこくあるものを掘り出して、それの中身が白いうちには食べられるそうです。
いつか食べてみたいです。
3つのきのこの中で、これが一番、意外に実体化するのに手間取りました。
今は、模様を刺繍していないことを少しだけ悔やんでいます。



この3種類を、ツチグリ2個で4個、きのこ遊びができるようにしました。

d0051963_055732.jpg
これは、きのこをくっつける地です。
マジックテープが4か所ついていて、すきなところにすきなきのこを生やすことができます。
コケが2種類刺繍してあります。

これは、友だちの子への、1歳のたんじょうびプレゼントでした。
とってもかわいいその子は、きのこセットで遊んでくれました!
遊んで、もう何にもかえがたいような笑顔をしてくれたのです。
それは、とってもうれしいなって、思いました。
そして、友だちの子どもを菌類への興味に導かせる一歩になりました。
そんな洗脳をしようとか考えてないですが。

その子は、ベニテングタケがすきかな、赤いし、と思いきや、ムラサキヤマドリタケがいちばん好みみたいでした。
いい好みしてます。

子どもがたのしんでくれることを考えるのはたのしいし、シンプルでたいせつなかんじがします。
これからも、たのしいものを作りたいです。
きのこセットについて見ていただき、ありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-09-23 01:16 | 刺繍