<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
わたしのゲームボーイの歴史
こんにちは。
今日は、わたしがいつでも好きだった、いまも好きなゲーム機を紹介します。

d0051963_1291696.jpg


これは、初代ゲームボーイです。
この、色もかたちもわたしはとても好きで、ゲームボーイ、といったらやはりこれです。
このあと、ゲームボーイポケットとか、ライトとかがでて、すこしずつ変わってきます。

時代はながれ、ゲームボーイも色づきはじめます。

d0051963_1333999.jpg


これは、ゲームボーイカラーです。
むかし、自分へのクリスマスプレゼントとして買いました。
カラーはとてもたのしく、いろんなソフトをたのしめました。

d0051963_1355345.jpg


これは、ゲームボーイアドバンスです。
形が横長にかわりました。
ゲームボーイのときより、半分以上小さいソフトで、
とても鮮やかなゲームが楽しめることは、とてもうれしいものでした。
このあと、アドバンスSP?もでてかたちはすく折りたたみ式に変わりましたね。

d0051963_1384677.jpg


これは、ゲームボーイミクロの、MOTHER3版です。
あの大きなゲームボーイもこんなに小さくなってしまったのですね。
今も、このゲームボーイミクロMOTHER3版をつかってゲームをしています。
電池をつかわなくていいし、バックライトで暗闇でもできる、今はあたりまえかもしれませんが、
少し前?のゲームボーイから考えると、ずいぶん進化したのだなぁと思います。
充電器で電池をかわりばんこに充電し、見にくいのでなるべく光の当たる体勢でゲームをしていたときがなつかしいです。

そして、DSへと進化していったゲームボーイです。
DSはまだ買えていないわたしです。

d0051963_12354124.jpg


さて、これはゲームボーイではありませんが、弟がむかしやっていたゲームの、
糸井重里のバス釣りNo.1の非売品ルアーです。
きちょうめんの弟が大切に保管していました。
このゲームのことを調査していたら、
わたしのとてもすきな名前、「ゲームボーイ」の名付け親も糸井重里さんだとはじめて?しります。
きのうまで、わたしは知りませんでした。
そんな有名?そうなこと、聞いていたけど忘れていただけかもしれません。

ちがうらしいですね!今日のダーリンでみました。ので訂正します。

ゲームボーイの歴史情報はこちらからどうぞ。

DSはとっても人気ですね。
進化していくゲームボーイ、もうすでにゲームボーイとはいわないのかもしれませんが、
これからも、たのしみにしています。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-23 13:22 | あそび
拳星のおいしい穴あきこぶしパン
こんにちは。
先日、ポチの出身星、拳星の宇宙花について紹介しました。
そのうちゅうばなはとてもおいしい蜜を出し、
その蜜を拳星のパンてきなものにつけたりして食べる、と書きました。
今日はその拳星のパンを紹介します。

d0051963_13583261.jpg


これは、こぶしパンの原料となる穀物です。
といっても、わたしが雑に書いたものです。一部だけ着色してあります。
赤や黄や茶色のいろです。

この穀物は古代から拳星にあったもので、
むかしから宇宙犬はこの穀物を石で挽き、いろいろなものと混ぜて焼いて、
食べていました。

ですから、ずっとこの穀物は、宇宙犬に食べられてしまう、という危機感を感じて進化してきていました。

地球には、食虫植物という、虫を捕らえて消化してしまう植物がいますね。
動物や虫も、体の色をまわりと似せたりして、敵から身を守るようにだんだん進化していったものがたくさんいます。

この穀物も、宇宙犬に食べられないように、ちょっとしたいたずらを考えながら、
進化していきました。

d0051963_1359196.jpg


これは、穀物の断面図です。
黒い粒がたくさんあります。この黒い粒をからだの中につくりだしたことが、穀物のいたずらです。

宇宙犬はこの穀物を黒い粒ごとあらく挽いて、粉にし、それをいろいろなものと混ぜ合わせ、
発酵させて、焼いて、パンとして食べます。

この黒い粒をふくんだ生地を、宇宙犬は焼きます。
すると、黒い粒は、焼いているうちに、生地の中でちょっとした爆発をおこし、ふくれあがった気体に変化するのです。
焼き上がったときには、パンの生地のなかにふくまれた黒い粒が爆発して大きな気体に変化したことにより?、いくつもの大きな穴があきます。
これで、ぼこぼこに穴のあいたパンが焼き上がります。

それが、この穀物のいたずらです。
自分が焼かれてパンになっても、そのパンが、自分にふくまれる黒い粒のせいで穴だらけになってできあがったら、
宇宙犬はがっかりして、自分たちを使ってパンを作ろうとは二度と思わないだろうと考えたのです。

しかし、穀物のいたずらは、うまくいきませんでした。
なぜなら、黒い粒が、大きな気体に変化するとき、とてもよい、バターのような、チーズのような、でもどちらとも少し違う、濃いよい香りをだしたからです。
この穀物のいたずらのおかげで、パンはバターのような、チーズのような、でもどちらとも少し違う、濃いよい香りがして、とてもおいしいものとなりました。
穴も、蜜などがしみやすく、宇宙犬はがっかりしませんでした。

d0051963_1401211.jpg


これがこぶしパンをわたしが落書いたものです。雑ですみません。
このように、あながあいてできあがる、おいしいよい香りのパン、食べてみたいです。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-19 14:21 | 宇宙と宇宙犬ポチ
中華風マスコット
こんにちは。
さいきん、中国がブームです。(忍者もブームですが)
中国っぽいものをつくりたいと思っています。
そこで、とりあえず、東山植物園に出かけたときに見かけた、中国っぽい花?のマスコットをつくることにしました。

d0051963_0283889.jpg


これは、その中国っぽい花の飾りです。
フエルトでつくったので、手作りぽい、手芸部的刺繍になっています。
ピアス、髪飾り、服につける、など、用途はいろいろ考えられます。

d0051963_271281.jpg


これは、このマスコットのもとになった花です。
マスコットは少し、ちがうかんじになっていますが、
この花をもとにつくりました。
この花が中国っぽいとか、作ったマスコットが中国っぽいとかいうことは、
わたしが感じることなので、みなさんがそう思うかはわかりません。
ただ、中国っぽいものが作りたいわたしが作ったマスコットです。

花をもとに作るマスコット?はたのしいです。
そして中国っぽいもの?もいろいろ作りたいです。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-17 01:08 | 刺繍
刺繍はじめ・ポチスウェット
こんにちは。
先日、ポチをスウェットに刺繍したので、それを紹介します。

刺繍はじめとタイトルに書きましたが、それはあまり正しくありません。
新年最初の刺繍は、去年から縫い続けていたもので、
それを完成してから、前から考えていた、
ポチの縫われた、「ださい」?がポイントのスウェットをつくりはじめました。
新年から刺繍しはじめたもののなかでは最初の作品なので、
きりよく、刺繍はじめということにしました。

d0051963_047154.jpg


これは、ポチスウェットです。
決して宇宙犬てきな刺繍ではなく、宇宙犬ポチの、自然な地球での表情の刺繍です。

d0051963_0511460.jpg


これは、刺繍のアップです。
ポチ刺繍も、慣れる?うちにとても微妙に、なんとなくいろいろ変わってきたな、と思いました。

これを着て、わたしはポチがすきなことを地味に伝えていくつもりです。
この刺繍がことしの刺繍はじめで、よかった気がします。
みなさんも、すきなものを地味に地道?に伝えていくことは、たのしいですよ。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-16 01:05 | 刺繍
ついに忍術リベンジの日がやってきました〜最終章〜
こんにちは。
今日は、きのうにひきつづき、忍術屋敷見学のようすをおつたえします。

まず、こんな張り紙を目にしました。
d0051963_1885252.jpg


もちろん、かっこうから忍者になりきることにしました。

d0051963_1894951.jpg

地元の忍者と黄色い忍者もどきの記念撮影です。顔がポチになっているのはいろいろな都合上のことです。
地元の忍者は親しげでした。

忍者もどきはほかにも、ピンク、赤がいました。
黄、赤、ピンク、いろとりどりの忍者もどきが、忍術を学ぼうと必死になっていたわけです。
そんなわけで、まず、忍者といえば、

d0051963_181994.jpg

手裏剣道場です。ここで、手裏剣を投げることができます。
なぜか手裏剣は投げませんでした。今思えば、投げてみたかったです。


d0051963_18204194.jpg

これは、忍者にかかせない道具のひとつ、巻き菱です。
屋敷の方の解説によって、巻き菱は、植物の実だということをはじめて知りました。
わたしは、金属的なとげとげのものかと思っていたので、驚きました。
これは乾燥しているのでだめですが、このかたい実の中身はおいしいらしいです。

2つ100円で売っていたので、6つも買ってしまいました。
これで、わたしも敵から身を守ることができます。


忍術屋敷は、おもてからみると、平屋建てのようにみえますが、
じつは3階建てでした。

d0051963_18303918.jpg

これは、屋敷の2階で忍者もどきが忍んでいるところです。
2階は1mほどの高さしかありませんでした。
敵に刀を振らせないため、このように低いらしいです。
わたしはせまいところが苦手なので、立ち上がれないことに悲鳴をあげそうな気分でした。

このほかにも、忍術屋敷には、敵から身を守るためのしかけがいくつもありました。

d0051963_19455073.jpg

これは、恐ろしい穴です。忍術機密のため、穴については秘密にしておきます。

そして、忍者は忍びいろはという、暗号文字を使います。

d0051963_19492651.jpg

みなさんも覚えておくといざというときに便利かもしれません。



忍術屋敷の方は、ていねいにとてもたくさんの忍術情報を教えてくださり、
わたしたちはとても勉強になりました。ありがとうございます。

まだまだたくさんの忍術情報があり、いろんなところに忍者がいたり、深い屋敷でした。
お土産には、もちろん手裏剣、巻き菱、忍者Tシャツ、はちまき、すごろくを買いました。
この屋敷に忍びこめて、とてもよかったです。


ところで、甲賀にはもうひとつ、忍術村という忍術施設があります。
忍術屋敷を離れ、今度はそこに向かうことにしました。

d0051963_2035762.jpg

甲賀の里という看板が見えるでしょうか?
この施設もまた、忍びに忍んでいて、みつけにくいところでした。
なんとかみつけたころには閉館1時間前になっていて、1時間では楽しみきれないと思ったわたしたちは、
またここへ、リベンジにくることを誓い、施設をあとにしました。

d0051963_2084741.jpg

この、忍術村の門のむこうに何が待っているのでしょうね。
今日はとても長くなりました。長々と読んでくださり、ありがとうございます。
みなさんも、忍術を学んでみると、たのしいものですよ。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-14 20:15 | 旅行
ついに忍術リベンジの日がやってきました〜序章〜
こんにちは。
去年の11月ころ、滋賀県の忍術屋敷を目指し旅にでたのですが、営業時間内にたどり着けず、という出来事がありました。
麻ブログにも、そのことを記事に書きました。

そして新年、めでたく忍術屋敷へのリベンジの日がやってきたのです。

空も晴れ晴れ、気持ちも晴れわたって、朝早く起き、出かけました。
しかし、滋賀県にはいったあたりから、雲行きがあやしくなってきます。
そうして忍びの気配を感じながらも、こないだの教訓を生かし、着実に忍術屋敷に近づいていきました。


d0051963_21144428.jpgd0051963_21151966.jpg


左へ右へ民家の間を進んでいくと、

d0051963_21172868.jpg


忍術屋敷の入り口へ到着しました!

d0051963_2118206.jpg


忍術とはどのようなものか、学べそうな気配が立ちこめていました。
わたしたちも、学びたい!と興味津々であちこちをうろうろとします。
しかし、忍術屋敷の方が、とりあえずお茶を飲んでくださいと何度もすすめてくださったので、
わたしたちは興奮気味の頭を冷やそうと、お茶を飲みます。

d0051963_21283334.jpg


これは、忍者も飲んだというお茶です。
頭を冷やすつもりが、そんなお茶を飲んで興奮はさらに高まりました。

この忍術屋敷は、民家の間にあるような、小さな施設なので、
わたしはあなどっていたところもありました。
そこに飾られているサインの色紙を見て、ここがどんなに世界的な施設か思い知らされます。

d0051963_2133595.jpgd0051963_21342314.jpg

d0051963_2135061.jpgd0051963_21352244.jpg

わかるでしょうか、左は志茂田景樹さん、右はハリソンフォードさんです。
志茂田景樹さんの衣装をみれば、どんな気持ちでここにやってきたのか、一目瞭然です。
ハリソンフォードさんも、わたしと同じ、忍者も飲んだお茶を飲んでいます。

思いがけない規模の大きさに驚きつつ、この小さな忍術屋敷にどのようなものがつまっているのかと胸を躍らせながら、忍術屋敷見学がはじまりました。
次回も忍術屋敷レポートをおつたえします。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-13 21:46 | 旅行
ねむるととける宇宙犬
こんにちは。
新年ムードもだいぶおちついてきました。
いままで正月といえば、寝て、食べて、ということが基本だったのですが、
ことしは活動的に過ごすことができました。
ひさしぶりの登場?、宇宙犬ポチは、ことしは宇宙には帰郷せず、
地球の日本のお正月を堪能しました。
(はつもうでに出かけ、宇宙犬の霊感のせいで車にひかれそうになり、おとうさんに守られるという危機があったり、行ったことのない公園で、「ここに犬や猫を埋めないでください」という看板に驚いていました。)
ポチは出かけたり、寝たりしたわけですが、
前から、きになっていたことを、調査してみました。

d0051963_0415783.gif


これは、宇宙犬が寝るときにとけるようすです。
どうも、ポチが、ねむたくなったり、ねていると、顔が溶けてきているきがしたのです。

宇宙犬の話によると、犬銀河では、
眠るときに、からだを溶かして地面と一体化し、
そこから、じぶんの体にとって合わないものを排出し、大地に消化してもらい、
地面からくるやさしい力をうまくとりいれて、
寝ている間にじぶんを、うまく整理整頓するのだそうです。

宇宙犬に合わないものを大地に排出しては、大地がだめになっていくのではないか、
と思われるかもしれませんが、
宇宙犬に合わなくても、それは、その宇宙犬の好みの問題で、
犬銀河の大地にとっては、今では、その宇宙犬の排出してくれるものが刺激になり、
大地の活性化ができているようです。

もちつもたれつ?宇宙犬と大地は、うまくやっていっているのです。

この状態は、犬銀河においてのみみられるもので、
地球でポチをみても、少し溶けている気がする、程度にしかわかりません。
ですが、地球で暮らす犬にも、そういう習慣の名残?があり、
みなさんの近くにいる犬も、きっと、眠たくなっていると顔が溶けてきているはずです。

宇宙犬に限らず、みなさんもよいねむりをむかえているといいです。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-10 01:07 | 宇宙と宇宙犬ポチ
ねんがじょうはだしましたか?
こんにちは。
わたしはことしもねんがじょうをだしました。
元日に郵送し、もうとどいたようなので、(とどくはずの人でとどいていないひとがいたらごめんなさい)
麻ブログでもねんがじょうです!
d0051963_393391.jpg


これを見ても、なんなのかよくわからないかもしれません。
ことしはツイてる!アイテムが占える?ぎんはがしのねんがじょうでした。
ブログで見ていただいても、ぎんはがしはできないので、
ブログ版のぎんはがしつきねんがじょうも制作しました。

ブログ版ぎんはがしつきねんがじょうはこちらです。
(なおりました。ありがとうございます。)

ねんがじょうを送れなかった、麻ブログをみてくださる方も、
よろしければ、上のリンクから新年のあいさつ、ぎんをはがしてやってください。
そして、ねんがじょうを送ることができた方も、ねんがじょうになかったものもびみょうに増えたので、
時間があったら、ぎんをはがしてみてください。

では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-05 03:28 | 季節
新年あけましておめでとうございます・新年まめ行事
こんにちは。
きのうはややこしいタイトルだったので、今日はあらためて新年らしいタイトルにしました。
というわけで、今日は新年まめ行事についてのレポートです。

d0051963_0354779.jpg


これは、しろはなまめです。
白い、しろい、まるでうそのようなまめでした。
今までも言っているので何回もしつれいしますが、わたしの好きなたべものはまめるいです。

去年さいごのスーパーでの買い物のとき、ふと豆のならんだ棚が目につきました。
そこで、新年最初の行事は「まめを煮る」にすることを決めました。
新年まめ行事とはそれだけのことです。
まめずきだといっているわりに、レンズ豆以外のまめを乾燥した状態から煮たことがなかったので、
わたしにとっては新しいことでした。

乾燥したまめを水洗いすることから、まめ行事ははじまりました。
そしてまめを水に浸してふやかします。

d0051963_05207.gif


まめはだんだんふくらんでいきました。
このときに、いちばん好きだったまめの状態はこれです。

d0051963_0594748.jpg


時間がたってしぼんできた風船、のようなまめは、わたしの心に残りました。

最終的には少し時間が経ちすぎたので、ふやけすぎてしまったかもしれません。
そのまま鍋にうつし、まめ煮をはじめます。

d0051963_16637.gif


まめは、煮て、ふっとうしたら、水をかえてふたたび火にかけ、弱火でじっくり煮ました。
まめのふくろの裏に書いてあるそのまま、まめ初心者のわたしは実行しました。
しかし、この、重要なまめを煮るときに、年越し大掃除のやりのこしが気になってしまったので
掃除をはじめてしまい、しかも熱中して、少し煮すぎたような気がします。
レポートもこのへんから薄くなってきています。
なんとか、できあがりました。

d0051963_1111955.gif


煮た、ありがたいまめです。
やはり、時間と手間?をかけたまめにはよりいっそう愛しさがありました。
甘く煮る、スープに、などいろいろまめの味わいかたはあったのですが、
塩をすこしふりかけただけで、いただきました。

d0051963_1222017.jpg


ほくほくとして、あまくて、とてもおいしいまめでした。

まめを煮ることはとてもたのしく、
新年早々まめを煮ることができてとてもよかったです。
これからもいろいろな豆を煮てみたいです。
新年まめ行事は掃除もできて、大成功でした。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-02 01:31 | 食物
すこしまえにゆく(すぎた)とし、ゆく(すぎた)とし、くる(きた)とし
d0051963_257231.jpg


ややこしいタイトルで、新年あけましておめでとうございます。
これは、おととし、きょねん、ことしの干支の土鈴です。
ならべてみると、ならべてみなくとも、もうすぐ?わたしは陶芸教室に通いはじめて3年になろうとしていると思いました。
ありがとうございます。

みなさま、おととし、去年、お世話になり、ありがとうございます!
ことしもよろしくおねがいします。

わたしは年を越すときには、部屋のワックスがけをして、ワックスがかわくのを待ちながら、
ほぼポチ手帳に来年の抱負を書いていました。

ことしも、ツイてるうちゅうの年になるといいです。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-01-01 03:22