<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
とつぜんバンド合宿
こんにちは。
とつぜんですが、バンドマンになりました。
ギターふたり、スティールパンひとり、鈴とタンバリンひとり、という組み合わせのバンドです。
メンバーはかんとくをはじめとする陶芸教室のなかまです。

さっそくかんとく宅にて、バンド合宿をしました。
バンドとかやろうとしたこともないので、人に「今週末はバンドの合宿があってさ…」とかいうひびきに言って自らよろこんでいました。

d0051963_038526.jpg

ピザがまさんこんにちは!
今回は、バンドの練習と、ピザつくりが目的だったようです。
まずは、着いて、おひるごはんです。

d0051963_0421621.jpg

うららがおいしいスパゲティをつくってくれました。
うららの料理の手際は合宿通してすばらしく、さくさくとおいしい料理をつくってくれました。

d0051963_0442349.jpg

おなかもいっぱいになり、練習?開始です。

d0051963_046468.jpg
d0051963_0462768.jpgd0051963_0464546.jpg

かんとくとうちゅうけんのうたについて探りました。
うららの作詞作曲の歌すてきでした。
あきちゃんのすずとタンバリンがなつかしくてすっごいかわいかった!
いまはミニのスティールパンも、6月末には大きく進化する気がします。

練習もひとだんらく?して、ピザつくりです。

d0051963_053891.jpg

こんな粉とかをつかってつくるわけですね。

生地をこねるのはかんとくがやってくれました。とうげいの手つきです!
うららが手ほどき?しているところと、かんとくがこねているところを動画でとりました。
しかしやたらおもいです。

d0051963_118135.jpg

生地ができて、発酵です。

d0051963_1183445.jpg

そのあいだにうららがトマトソースをつくってくれました。

d0051963_1191369.jpg

ピザがまの準備をはじめました。
わたしは火の番人をやりました。ありがたい任務です!
かまの火の燃えているところも動画で撮りました。

そして、生地をのばし、パイナップルなどの具をのせて、焼けました!

d0051963_1224620.jpg


ピザはとってもおいしかったです!

d0051963_1233310.jpg

夜は、かんとく宅恒例の、キャンドルナイトでした。
ふしぎな音楽と、あやしい光で、わたしたちは宗教的なかんじに…なってはいないですよ。
とてもたのしいよるでした!

朝はピザトースト、めだまやきを食べました。とってもおいしかったです。

d0051963_1261582.jpg

さすがかんとくのおうちは、ツイてます!よつばを発見しました。

d0051963_1273760.jpg

かんとくが恒例?のガーリックポップコーンをつくってくれて、
これはとてもおいしいです!
たくさんあったので、残った分で、うららがキャラメルポップコーンをつくってくれたのです。
えいがかんとかで食べるものより、しっかりあじがして、これまたとってもおいしかったです!

そして、おひるごはんです。

わたしは土鍋で炊いたごはんをたべたことがなかったのですが、
おひるごはんには、かんとくが土鍋でごはんを炊いてくれて、とてもうれしかったです!
炊けたごはんをまぜるようすの動画も撮りました。

d0051963_1343641.jpg

これは、かんとく作のはるさめサラダです。
とてもおいしい一品です。

d0051963_1353935.jpg

これは、かんとくの炊いてくれたごはんに、かんとくのつくったトマトなっとうをかけたところです。
どちらも、すごいおいしかったです!

あと、写真がうまく撮れてなくてのせてないですが、じゃがいもをとても大きめに切ったポテトフライもすごくおいしかったです。
わたしのすきな金沢?のお吸い物もあって、すてきなひるごはんでした。

みんなでじかんを過ごして、とてもたのしい合宿でした!
ありがとうございます。
バンドはどのように進化していくのでしょうか。たのしみです!
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-04-24 02:13 | おんがく
忍術リベンジ2・忍術村レポートその3
こんにちは。
今日は前回にひきつづき、忍術村レポートです。

前回は謎の忍術舞台を発見、というところでおわりましたね。
今日は忍術修行をお伝えします。

d0051963_0295447.jpgd0051963_0301544.jpg

d0051963_0305885.jpg

これは、忍術修行の場です。
なにをする場所なのかは忍ばせておきますが、こういったところで修行ができました。
あと、石垣をのぼれなどというひどい忍術修行もありました。
しかし、友人T(くの一)はなんのこともなくすいすいのぼってみせていました。

そして、ついに忍者の王道修行の場所へやってきました。

d0051963_035358.jpg

これは、手裏剣道場です。
なにか、恐ろしいかんじがします。

d0051963_0363730.jpg

おお、何枚か投げたのち、ついに命中しました!
(しかしわたしがやっと命中できたのは、的と30cmくらいの至近距離にてです)

手裏剣道場を仕切っているくの一のおばあさんは、とてもやさしくて、かわいらしいかすみ草のような人でした。
いろんなお話をしてくださり、話すときのうれしそうな顔がこっちまでうれしくさせました。
そして、もうすぐ咲くからとお花の苗を少しわけてくれました!
d0051963_0452874.jpg

これは、その花を持って帰り植えたところです。
長い道のりをやってきたので、このときは少ししおれていますが、今ではぜんぶつぼみが出ています。

d0051963_0471478.jpg


忍術修行をいろいろと行ったわたしたち、その証をもらえました。

d0051963_049169.jpg


これは、忍術修行を終えたものだけがもらえる、忍者の証明書です。
これから忍術修行を行うみなさん?のためにも、モザイクをかけました。

さて、これで、忍術村レポートはおしまいです。
忍びに忍んだ村をかけまわり、地下を散策したり、修行したり、そしてやっと忍者になれたわたしたちです。
忍者になりたい方は、ぜひ行ってみるといいですよ。


そして、帰りに彦根城によりました。

d0051963_0515365.jpg

桜は家のほうでは葉桜になりつつあったのですが、
彦根城ではとても美しく咲いていました。

d0051963_0562224.jpg

彦根城のまわりで暮らす白鳥は、桜の花びらを食べるのがすきなようでした。

d0051963_057357.jpg

桜はライトアップされてとてもきれいでした。
うつくしい桜はわたしたちをなんともいえないきもちにさせてくれました。

d0051963_05967.jpg

さて、ずいぶん暗くなってきたし、わたしたちは帰ることにします。
白鳥がお見送りしてくれました。

忍術村にわたしの初心者運転でなんとかたどり着き、忍術村で修行してついに忍者になり、
さいごには彦根城のうつくしい桜まで見られるという、充実した旅でした。
ともに旅した忍者たちにありがとうを言いたいです。
みなさんも、忍術村、忍術屋敷など、忍者のことを学びたくなったら、
滋賀県へでかけてみてください!
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-04-20 01:06 | 旅行
忍術リベンジ2・忍術村レポートその2
こんにちは。
今日はきのうにひきつづき、忍術村レポートです。

きのうはお茶を飲みに、売店へ行くと、芸能人の写真があった、というところでおわりましたね。
今日はまず、売店で友人がみつけてみんな漁るように買った、薬を紹介します。

d0051963_0263576.jpg

これは、忍術丸です。
よくわからないのですが、胃腸薬です。
忍者の秘伝の薬なのでしょうか。よくわかりません。
1回分で、120円もするという高額胃腸薬でした。

d0051963_0361180.jpg

売店には、たぬき忍者もいました。
なんだか威厳があります。

なんだかんだで、わたしたちは売店をあとにしました。

d0051963_0371887.jpg

売店を出ると、記念撮影用のものを発見しました。
おおきな手が添えられていますが、この手の意味はよくわかりません。
なにも書いてありませんでした。

しばらく歩くと、古びた檻のたくさんあるところがありました。

d0051963_040192.jpg

ほとんど空だったのですが、犬がさみしげに一匹いました。
こわい犬かと思ったら、手を檻のすきまから入れると顔をおしつけてすりよってきて、
人なつこい、愛らしい、犬でした。

d0051963_0455510.jpg

謎の忍術舞台もありました。
何をする場所なのか、さっぱりわかりませんでした。
誰もいないので、ステージにのぼってそれらしくふるまったりしました。

このように、やたらと謎めいている(忍んでいる)忍術村でした。
次回も忍術村レポートは続きます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-04-18 00:56 | 旅行
忍術リベンジ2・忍術村レポートその1
こんにちは。
去年の11月ころ、滋賀県の忍術屋敷を目指し旅にでたのですが、営業時間内にたどり着けず、という出来事がありました。
そして、今年の1月に、忍術屋敷にリベンジに出かけ、めでたく営業時間内にたどり着き、とてもたのしみました。
そのとき、忍術屋敷を調査してから、忍術村という施設も発見したのですが、
あと1時間で閉館だったため、1時間ではたのしめないと思ったわたしたちは、
また忍術村へ来ることを誓って施設をあとにしました。

そしてまた、めでたく忍術リベンジの日がやってきました!

d0051963_1133068.jpgd0051963_2035762.jpg

←今回

前回→




前回は、この看板もしげみに隠れていましたが、
今回はゴールデンウィークが近いこともあってか、きれいに草が刈られていました。

さて、入場料金千円を払って、入り口から入りました。

d0051963_116275.jpg

入って、まず目に飛び込んできたのは、この風景でした。
この奥になにかあるとは思えないようなただの藪、林です。
さすが、忍術施設は忍んでいます。
しばらく歩くと、家らしきものを発見します。

d0051963_1204872.jpg

忍術博物館、からくり屋敷、の文字を見て安心しました。
忍びすぎていて、ちゃんと村があるのか心配だったのです。

d0051963_1224632.jpg

忍術博物館に入ると、こんなお願いを発見しました。
そこで、わたしからも、お願いしたいと思います。
読めるでしょうか、上の名字のかたは、ぜひ忍術村に連絡をしてみてください。

忍術博物館では、忍者に関する知識や、忍術道具や衣装、薬の展示などがあり、
とても興味深かったです。

d0051963_142884.jpg

これは、忍術博物館内に展示されていたねこの目時計です。
忍者は猫の目からも時を知っていたようです。


d0051963_1455772.jpg

屋敷をでるとさすが忍術村、恐ろしい?地下通路もありました。

d0051963_1474143.jpg

地下通路では、恐ろしい人影も発見しました。忍者でしょうか?

からくり屋敷は、忍術屋敷と同じようなかんじでした。

そのあと、わたしたちは売店で、紅茶のサービスがあると何度も強く言われたため、
売店にむかいます。
そこには、今まで訪れた人たちの写真がたくさん飾ってありました。

d0051963_1494057.jpgd0051963_150855.jpg

d0051963_1505663.jpgd0051963_1512570.jpg

左上は、ガチャピンとムック、右上は、志村けんさんとパンくん、
左下は嵐の大野さん、右下は、これは、さいきんcuccoさんのブログで、記事になっていた、やしきたかじんさんです。あまりにもタイムリー?だったので、驚きました!
忍術屋敷は、ハリソンフォードさんや、志茂田景樹さんなど、国際派?でしたが、
忍術村は、お茶の間人気てきな芸能人のかたに人気のようです。

予想通りにとてもたのしい忍術村でした。
まだ忍術村レポートは続きます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-04-17 02:07 | 旅行
毎年恒例?桜を撮りにでかけました
こんにちは。
先日、桜を撮りに近所の公園にちょこちょことでかけました。
去年も撮りに行った公園、蛍のいた公園です。
(さいきんのわたしの目撃によると、たぬきもいます)
ことしはデジタルカメラで撮りました。

d0051963_1442964.jpg

木の幹にかわいらしく生えている桜でした。



d0051963_1474525.jpg

近くで見た、おしべとめしべ?のようすがことしは気になって仕方ありませんでした。
それはとても惹きつけられました。



d0051963_1532961.jpg

さくらライトみたいになっていました。



↓左は三ツ花?の桜、右は四ツ花?の桜です。桜の花びらは必ず5枚ではないのですね。d0051963_151625.jpg


d0051963_1505118.jpg





d0051963_1584688.jpg


桜はことしも相変わらずきれいに咲いていました。

では。
[PR]
by asa_blog | 2007-04-11 12:23 | カメラ
帰ってきたまめるいずきの植物栽培・はじめて食べる編
こんにちは。
こないだから、ブラックマッペ(黒緑豆)のもやしを栽培しはじめました。
ですが、今はもやし栽培あらため豆栽培です。
そして、豆レポートはいったん最終話をむかえましたが、今回早々と帰ってきました。
(「帰ってきたコーネリアスの惑星見学」をみならって、そう書きたかっただけということもあります)
今日は、栽培をはじめて20〜26日目のレポートです。

d0051963_22513585.jpg

ようこそ 再び 豆の世界へ



d0051963_22533141.jpg
これは、21日目の豆のようすです。
その上の写真は20日目の豆のようすのアップでした。
のびていっている豆です。


d0051963_22552657.jpg
これは、とんで24日目の豆のようすです。
さらに生長して、ごちゃごちゃになっています。
これでは、もっと広いところに植え替えなくてはなりません。


畑をもたないわたしにとって、ぜんぶがぜんぶを育てるためには場所がありませんでした。
種を植えて苗を育てるときには、間引きということをするらしいです。
育ちのわるいものなどを抜くというやつです。
わたしは職業などではないので、ひとつひとつ今まで育ててきた豆をみれば、育ちがわるくても、べつにかまいません。
ですが、場所がないことはどうにもならない問題でした。
それでわたしも、育ちの悪いものを抜き、
抜いたものは食べることにしました。

この作業をするときに、残す豆は別の容器に植え替えることにしました。

d0051963_23123051.jpg
こんなかんじのものに植え替えます。


d0051963_23161061.jpg
植え替えました!
ずいぶん少なくなったかんじがしますが、別の容器にも植え替えました。



d0051963_2318148.jpg
そして、収穫した豆の苗です。
とりあえず、生のまま食べてみると、生のもやしのようなあじがしました。
ポチも食べました。


d0051963_23192390.jpg
ごま油で炒め、塩こしょうしたら、ずいぶん小さくなりました。
葉がけっこううぶ毛みたいなものが多く、すこしパサパサとしていましたが、
もやしのあじでした。
おいしかったです!
これはこれで、はじめての豆栽培にしてはありがたい収穫でした。


こんな若いうちに植え替えてしまい、残った豆たちの生長がすこし心配です。
気候も気になります。
どんな生長をしていくのでしょうね。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-04-08 23:30 | 動植物・かがく
見えない3本の糸
d0051963_217248.jpg

こんにちは。
今日は犬銀河の宇宙犬のあいだで信じられている、
頭から伸びている見えない3本の糸、について紹介します。

糸、といってもはっきりしたかたちではありません。
芯があり、そのまわりはぼやぼやとしています。
なんとなくイメージは、糸っぽいのです。

この宇宙犬の頭から伸びている、糸は、
宇宙犬が生きている間に、だんだん成長していきます。

例えば、人間は、いろんな感覚でいろいろなものを感じとり、脳でいろいろなことを考え、覚えます。
宇宙犬も同じです。
ですが、宇宙犬の頭では、生まれてから見たこと、覚えたこと、考えること、そこからわき上がってくるもの、
すべて、この糸に伝わっていきます。
頭、脳では、覚えておけないたくさんの情報までも、糸に伝わり、蓄積され、
宇宙犬の頭から伸びている糸のなかでは、宇宙犬が生きて、得たものすべて、失ったものすべて、
いきいきと、残るのです。

宇宙犬が宇宙犬として呼吸をしている間、
糸は、見えない糸のまま、宇宙犬のすべてを吸収してゆきます。

そして、宇宙犬が息途絶えたとき、からだをのこして宇宙犬のすべては、
見えない3本の糸にうつるのです。

3本の糸となった宇宙犬は、生きている間に得た、いろいろなイメージのなかで、
あらたな次元に飛び立ちます。

そのあらたな次元の宇宙犬ではないか、といわれている、
宇宙のメッセージ犬という、謎の宇宙犬がいます。

d0051963_1340650.jpg


これは、犬銀河でもよくわかっていない宇宙犬です。
宇宙犬占いにおける、宇宙のメッセージ犬の紹介:犬銀河の中で、ひときわ不思議な存在が、宇宙のメッセージ犬です。
地球では考えられないくらい科学の発達した犬銀河でも、その全ては明らかになっていません。
彼らは、暗闇、真空の中から、煙のように突然現れます。
そして、解読不能な言葉を残して、あっと言う間に消えたり、しばらくそのあたりに漂っていたりします。
今では、宇宙犬の一種だということはわかっていますが、どこの星に住んでいて、何の目的で、やってくるのかはわかりません。


これが、3本の糸の次元に移って発達した宇宙犬なのではないか、ということは現在有力な説となっています。

この3本の糸についてもまた、科学の発達した犬銀河であっても、
はっきりとは解明されていません。
ですがさいきん、3本の糸が宇宙犬の頭から生えていることは、
科学的にも証明されたらしいです。
宇宙のメッセージ犬の存在からも、この仮説は有力な説となっていることは間違いないです。

さて、糸の生活なんて、考えられませんね。意外と豊かなものかもしれませんが。
宇宙犬がそういうふうなら、わたしたちの頭からも、見えない糸がのびているかもしれませんよ。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-04-04 02:23 | 宇宙と宇宙犬ポチ
まめるいずきの植物栽培・とりあえず最終話?編
こんにちは。
こないだから、ブラックマッペ(黒緑豆)のもやしを栽培しはじめました。
ですが、今はもやし栽培あらため豆栽培です。
今日は、栽培をはじめて17、18、19日目のレポートです。

そして、今日は、最終話ということになっています。

まずは17日目昼、土に植え替えて2日目の豆のようすです。

d0051963_07111.jpg

16日目よりも、のびてきていました。

d0051963_091460.jpg

これも、17日目昼の豆のようすです。
青々とげんきな葉がのびています。


d0051963_0102991.jpg

これは、18日目夜の豆のようすです。
白っぽくなっているのは光の関係で、じっさいには、青々としています。
のびましたね。

d0051963_0112811.jpg

これは、19日目夜の豆のようすです。
18日目よりも、葉が開いてきました。
またしても、白っぽくなっているのは光の関係です。

d0051963_0124751.jpg

これも、19日目夜の豆のようすです。
さて、こうしてみると、豆の生長がわかります。
豆はぐんぐんと育っていますね。


さて、さいしょはもやし栽培としてはじまったこのレポートですが、
部屋が寒かったりして、もやしになることに時間がかかったため、
葉が生えてきて、光をあたえることになり、ぐんぐん葉や根がのびて、土に植え替え、
こうしてちいさな豆の苗になることができました。

わたしはこれからも、豆の苗の生長をみまもっていきます。
豆の生長の節目には、またレポートします。

豆を栽培して、豆の伸びや変化に力をもらったり、豆について考えたり、
いろいろありましたが、豆には感謝の気持ちでいっぱいです。
豆のおかげで、自分もすこし成長できた気がします。

このもやしレポート、1週間くらいで収穫予定だったのですが、19日と、とても長くなってしまいました。
みなさま、長いことおつきあいくださり、ありがとうございます!
いろんな人がレポートを見てくれたことや、コメントや、応援していただいたことも、
豆の生長の栄養になったことでしょう。

レポートはとりあえず終わりますが、豆栽培はここからが本番です。
また試行錯誤しながらやっていきたいと思います。
では。
[PR]
by asa_blog | 2007-04-02 00:29 | 動植物・かがく