<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
胞子のふく
こんにちは。
このあいだ、胞子のふくをつくったので紹介します。

ほんとうは「ほうしのふく」にしようと思ったのですが、
ほうしがひらがなだと、胞子か奉仕か法師かわからなくなるので、漢字にしました。
でも、書いていたらいろんな意味をこめて?いる気もしてきたので、
やはり「ほうしのふく」でもいいのかもしれません。
d0051963_2124947.jpg

おもて


d0051963_21252745.jpg

うら



今回は刺繍をはじめてはじめての、袖つきです。
袖付けはむつかしく、気軽にやっていたイメージがあったのですが、気軽ではありませんでした。
でも気軽にできるようになるといいです。

シャツのように前あきですが、前にはボタンなど留めるためのものはなにもついていません。
重なる分もないので、これは、なんとなくはおる服です。

これは、胞子をイメージした服です。
これもまた、ちょっと春気分の服になりました。
春胞子です。

胞子といえば、わたしのすきな、コケやきのこも胞子をとばし?ます。
これからいろいろな胞子服なども作れるといいなぁと思います。
では。
[PR]
by asa_blog | 2008-04-23 21:37 | 刺繍
淡墨桜ギリギリ見物・その2
こんにちは。
先日、友だちと淡墨桜を見に行きました。
もうちまたでは桜も散ったころ、ギリギリ桜見物でした。
前回、淡墨桜はほぼ散っていましたが、まわりの桜はきれいに咲いて、のどかに過ごし、
細い橋を見つけてそれを渡ろうとしたところで終わりました。

今日は橋のようすからレポートします。
d0051963_23353965.jpg
橋の、矢印の部分、わかりにくいですが、誰かいました。
橋にたたずむ、誰でしょう。


d0051963_2336282.jpg
女の人が、変な状況で川を眺めていました。
どうしたのでしょう。

橋のまわりを見回すと、人がたくさんいることに気づきました。

d0051963_23382339.jpgd0051963_23383794.jpg
d0051963_2339249.jpg

うすうす感づいていましたが、この川には、動かない人がそこらじゅうたくさんたたずんでいます。
写真は撮れませんでしたが、女学生風の女の人が、川をみているほかの人を、横からみつめている、なんていうのもありました。

川がにぎやかなのはいいことかもしれませんね。
わたしたちはもうひとり友だちと食事をするために、細い橋をあとにして、車でもと来た道を戻りました。
d0051963_2348294.jpg
その途中では、開運橋を渡りました。
なにかいいことがありそうです。

d0051963_23491756.jpg
もちろん開運橋を渡ってすぐにいいことがありました。
またちがう女の人と出会えました。
そしてさらに、やじるしのところ、こんどはもっと細いつり橋を見つけたのです。
これは渡るしかありません。
d0051963_23504929.jpg
女の人はなにか思いつめたようすで景色を眺めていたので、声をかけられませんでした。

車をとめて、歩いて、心弾ませながらつり橋にむかいました。

d0051963_2353374.jpg
残念なことに、つり橋は封鎖されていました。

d0051963_23543755.jpg
つり橋の横にあった看板には、定員一名、事故があっても責任は負いません、というようなことが書かれていました。

d0051963_23554963.jpg
渡れず残念ですが、この橋を見つけたことだけで、うれしかったです。

おととしここを通ったときには、たたずむ人はいなかった気がするのですが、先日はたくさんいました。
おばあさんに聞いたところによると、あの人たちは、鳥があゆを取らないように監視している人らしいです。
かかし的なかんじですね。

このあと、友だちと食事にいき、とてもたのしいひとときを過ごしました。
ありがとうございます。
楽しい淡墨桜見物の旅でした。
みなさんも、桜に限らず、なにかを見に行くと、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ。
では。
[PR]
by asa_blog | 2008-04-19 00:07 | 季節
淡墨桜ギリギリ見物・その1
こんにちは。
先日、友だちと淡墨桜を見に行きました。
もうちまたでは桜も散ったころ、ギリギリ桜見物です。
d0051963_0225871.jpg
遊ぶ子どもたちです。ゆかいに遊んでいます。

d0051963_0253688.jpg
石に隠れて鬼ごっこです。楽しげです。

d0051963_028056.jpg
たんぽぽ集めをしていた少年です。
手に持っている黄色いものはたんぽぽを集めたものです。

d0051963_028506.jpg
そろそろ集合時間のようで、走り去っていきました。


d0051963_030236.jpg
いろいろな人が桜のもとでおしゃべりを楽しんでいました。


d0051963_031915.jpg
とつぜん学生による、オカリナ演奏がはじまりました!

d0051963_0335374.jpgこれは、学生たちがオカリナをふくようすの動画です。


d0051963_0354416.jpg
オカリナ演奏はうつくしく終了しました。

d0051963_0363066.jpg
これはその学生たちを撮影していた、魅力的なはっぴ?を着た男性です。

結局、肝心の淡墨桜はもうほとんど散っていたのです。ですが、付近の桜はきれいに咲いていました。
なごやかなムードで、友だちとごはんを食べながらおしゃべりを楽しんだり、
使い方のよくわからない虫取りあみのようになったラケットでのボール遊び?を、
訓練し使いこなせるようになり楽しんだりしました。
よいひとときでした。

それからわたしたちは、ここまで来る途中に見えた、細い橋に行ってみたいと走りました。
橋付近にはおばあさんが歩いていました。
d0051963_0441566.jpg
おばあさんは、畑でウドを採ってきたところのようでした。

さて、ついに細い橋へ到着したわたしたち、橋を渡ります。
そのようすは、次回お伝えします。
では。
[PR]
by asa_blog | 2008-04-17 00:48 | 季節
コケ盆栽?
こんにちは。
最近わたしは陶器でコケ栽培ケースを作りました。
これの発想のもとになったのは、かんとくの紹介していた、銀閣寺のコケケースです。
コケずきのわたしは、このようにコケを栽培したい、飾りたい、と思っていました。
コケ栽培ケースはむつかしく、ひびが入ったりしましたが、なんとかなりました。

そして、このケースに入れる9種のコケを採取して、
ついにケースに入れました!
d0051963_0482998.jpg
これは、コケ栽培ケースに入った9種のコケです。
コケ採取のときも、ケースに入れたときも、わたしはコケの魅力にひきつけられっぱなしでした。
あのコケ、そのコケ、あんなコケ!
いろいろなかたちのコケ、伸びているもの、なにもかもに、心は躍ります。

9種のコケをアップで紹介します。

d0051963_013253.jpgd0051963_014177.jpg

左、シダのような形で、みずみずしいコケです。このコケはどこでもよく見かけます。右、真ん中が花のような形になっていて、まわりに針状の葉っぱてきなものが生えているコケです。


d0051963_062915.jpgd0051963_063961.jpg

左、しっぽのようなものがふさふさたくさん伸びているコケです。フェイクファーのようです。右、赤い細いものがたくさん伸びているコケです。


d0051963_0101147.jpgd0051963_0102057.jpg

左、みずみずしく、きれいな色のコケです。いちばん葉っぱっぽいです。右、いちばん高く伸びているコケ、ペンキで白く塗ったような先端をもつ、つぼのようなものが伸びています。


d0051963_0135792.jpgd0051963_014559.jpg

左、虫のようなきみどり色のものが伸びたコケです。虫のようにわさわさたくさん伸びています。右、芝生のように穏やかなコケです。なごみます。


d0051963_0162125.jpg

これが最後のコケです。金色のお猿さんのうつくしい毛のように伸びています。高級感があります。


9種ぜんぶ紹介したものの、コケの名前はわかりません。
コケ図鑑などで調べ、名前も知りたいと思います。
この、伸びているものがどんなものなのかについても知りたいです。
小さいころに調べて、コケの分類や、あの伸びているものについて知ったのですが、
もう忘れてしまったのです。

コケ、ふつうにインテリアとしてもかわいいとわたしは思います。
手軽なコケ盆栽として、たのしめます。
コケをインテリアに!コケは乾燥にも強く、乾燥しきったコケに水をあげると、一瞬でみずみずしいコケに戻るのです。
ずぼらな人にも、楽に育てられるのではないでしょうか。

みなさんも、機会があれば、コケ盆栽?をたのしんでみてくださいね。
では。
[PR]
by asa_blog | 2008-04-15 00:26 | 動植物・かがく
ポチロルチョコ
こんにちは。
d0051963_2355495.jpg

このあいだ、かんとくのブログ、kosa日記にて、ツイてるくんがチロルチョコになっていました。
ツイテルくんチョコはこれです。かわいいです。

これはぜひポチもチロルチョコに!ということで、ついに今日ポチロルチョコがやってきました。
d0051963_23555995.jpg
これは、送られてきたポチロルチョコです。
3種類です。
こんなならんでいるポチを見ると、とってもうれしいです。

d0051963_23574675.jpg
左から、チョコポチ、ナッツポチ、ミルクポチです。
しかしチロルチョコのあじは、すべてミルクあじです。

d0051963_004845.jpg
これはポチロルチョコパッケージバージョンです。
ポチロルっぽいです。

とてもたのしい、チョコ製作でした。かんとくありがとうございます。
みなさんもぜひ!
では。
[PR]
by asa_blog | 2008-04-11 22:38 | 食物
花の茶わんむし
こんにちは。
わたしは茶わんむしがすきです。
もちろん茶わんむし全般すきですが、花麩の入った茶わんむしがなによりすきです。
d0051963_175013.jpg
これは花の茶わんむしです。

むかし、おばあちゃんのつくる茶わんむしには、いつも?この花の麩が入っていて、
わたしはそれがとてもすきでした。
花だから、かわいいのですが、それよりも、おいしいのです。

麩全体、とてもすきです。
生麩田楽、煮物、麩の吸い物…とてもおいしいです。
加賀麩 不室屋さんの、このお吸い物も、とてもすきです。
みつけたら買います。麩に加え、たのしいです。
でもやっぱり、茶わんむしに入っている花麩が、いちばんすきでないかなぁと思うほどです。

写真の茶わんむしはきのうの晩ごはんです。見えませんが、
うど、たけのこも入れて春らしくしました。

なぜか深夜に突然茶わんむしをひとり、作るようなこともあるくらいに、すきなものです。
そんなにはめんどうではないし、みなさんもぜひ、季節の茶わんむしを楽しんでくださいね。
では。
[PR]
by asa_blog | 2008-04-08 01:49 | 食物
花コレクション2008春
こんにちは。
わたしはここのところちょこちょこと、花をつくっておりました。
ほかのこともやっておりましたが、花を14こつくっていました。
というわけで花コレクション2008春です。
d0051963_2239977.gif

なにがコレクションなのかはよくわかりませんが。
花?といわれることもありましたが、これは花です。

いろいろないろを作ったので、色遊びのようでたのしかったです。
この花はなににするかというと、いろいろ使えるようになっています。

d0051963_22494246.jpg
これは花の裏面です。
このひっかけるところ?に、ピンをさして、花のピンとして髪留めに使ったり、
髪をとめるゴムをむすんで、花のゴムとして髪を結んだり、
安全ピンをつけて、かばんや服をかざったり、
飾りボタンや、いくつもつなげて腕輪など、いろいろに使えると思います。
わたしはいちばん左下のものを花のピンとして、髪に飾っています。(ときどき)

そんなわけで花コレクション2008春のようすをお届けしました。
このように、いくつもなにかを作り、売ってみたいなぁとも思いますが、
いくつもはないので作りためです。作りため第一弾?です。
では。
[PR]
by asa_blog | 2008-04-02 23:00 | 刺繍
毎年恒例?また桜を撮りに行きました・雨天編
こんにちは。
わたしは毎年おなじ公園でおなじように桜を撮ります。
前回の記事では、晴れの日に撮りに行ったのですが撮りきれないままおわり、
次の日は雨だったので、こんどは雨桜を撮りにでかけました。
d0051963_23524340.jpg
これは、前回の記事の一番最初の写真とおなじ桜です。
雨にぬれながら、しかしやっぱりちょこんと座っていました。


d0051963_2354794.jpg
雨桜も、きれいに咲いていました。


d0051963_23545298.jpg
雨のしずくのついた桜もまた、魅力的ですね。
これはなんだかきのこみたいです。


d0051963_2356733.jpg
近づいてみると、桜のテントで雨よけしているようです。
きれいなテントです。


d0051963_2357521.jpg
わたしはなんだか、こういう二つ並んだ桜がすきみたいですね。

雨の日は、雨の日で桜はきれいでした。
晴れの日の、おだやかに光る桜もすきですし、
雨もまた、桜の魅力をしっとりと引き立てている気がしました。
天気も、気温も、自然の状態はさまざまですが、
そのときどきの魅力をかんじていけるといいです。


d0051963_065979.jpg
これはまた別の日なのですが、
おだやかに晴れた夕方の桜とポチです。


まだ桜はきれいに見ごろです。
わたしは葉っぱがすこしでてきて、桜の花と混じった色合いがとてもすきなので、
まだまだ楽しめそうです。3日にはお花見も行きます。
みなさんもことしの桜をたのしんでくださいね。
では。
[PR]
by asa_blog | 2008-04-01 23:59 | カメラ