<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
あまござぶとん
こんにちは。
この間の日曜日は父の日でしたね。
父の日というのは母の日にくらべて、なんだかいつも印象が薄いのはなぜでしょうか。
というようなことは去年も書きましたが。

とにかくことしもやってきた父の日です。
ことしは「あまござぶとん」をつくりました。
おとうさんが職場でわたしのずいぶん昔つくったこぐまちゃんのざぶとんを愛用?してくれていたようなのですが、もう昔のものなので、古くなってしまったらしいのです。

d0051963_2353581.jpg

これが、「あまござぶとん」です。

d0051963_23553913.jpg

少しアップめの写真です。
「あまござぶとん」ですので、川魚のアマゴの刺繍がしてあります。
しかし去年つくったイワナの刺繍とどこが違うのか、というとわたしにはよくわかりませんでした。
そもそも、たぶんこれはアマゴの刺繍ですが、確かアマゴの写真をもとにしたので、そう思っているだけで、
なにか、考え出すとなにもかも不確かなきもちになってきます。

アマゴ…イワナ…ヤマメ…それらはわたしが子どものころおとうさんの釣りについて行ったり食べて知った川の魚たちなのですが、
わたしのなかでは、あまり区別がはっきりしていなかったことに気がつきました。

刺繍したなかでは、アマゴにはイワナより赤い点がはっきりとあったことと、縦に長い楕円の模様と似た色の点や丸が下の方にもあったこと、上の方に黒い点があったことが目につきましたが、
イワナを刺繍したとき、どの程度模様を忠実に刺繍したのか覚えていないし、ヤマメになってくると刺繍したことがないので更に不確かです。

釣りをする人たちは、はっきり区別していて、すごいなぁと思いました。
現物を見比べたらわかるもんなんですかね。

とにかくわたしはアマゴもきれいだしおいしいのでとてもすきでした。
川の宝石です。

おとうさんはプレゼントをよろこんでくれたようなのでうれしいです。
では。
[PR]
by asa_blog | 2009-06-25 00:21 | 刺繍
北の国から
こんにちは。
d0051963_1404169.jpg

これは2002年11月号のCut(雑誌)です。
表紙は北の国からの五郎、純、蛍です。
この特集は「究極のテレビドラマ60」っていうもので、純役の吉岡秀隆さんのインタビューや、だいたい覚えているドラマがいろいろ説明付きで載っていておもしろいのですが、
それとは関係なく、わたしは子どものころから「北の国から」というドラマがとてもすきでした。

今でも覚えているのですが、小学校のときに、なぜか小さいころの純が夢にでてくるくらいすきでした。
小6のときには北海道に行ってロケ地を見たりもしました。

最近、「北の国から」のDVDをいっぺんに借りて、一気に見ました。
すごくよかったです。
みんなわりと若くて、竹下景子さんとか、原田美枝子さんとか、いしだあゆみさんとかすごくきれいです、今もきれいですが。
蛍もすごいかわいいです。「ルールルルル」とキタキツネを呼びます。
見ていると、わたしにとって、たいせつなことがたくさんつまっている気がしました。

「北の国から」は、北海道、麓郷?での暮らしぶりのドラマです。
いろんな人間味あふれた人がでてきて、おもしろいです。
少しでも、見たことのある方は多いのではないかと思います。
みなさんも、ひまがあれば借りてきて見てみてください。おもしろいですよ。
では。
[PR]
by asa_blog | 2009-06-12 02:20 | 動植物・かがく
麻ブログ4周年おめでとうございます
こんにちは。
ことしも忘れていました。もう6月10日でありますが、6月1日は麻ブログ4周年の日でした。

d0051963_1133029.jpg

ことしはくまの人形でお祝いです。
すてきなかぶりものは友だちがこないだフランスみやげでくれました。さすがフランス。
くまは、わたしが保育園のころにおじいさん、おばあさんがアメリカ土産にくれました。いまだ元気です。

みなさま、麻ブログを見ていただきほんとうにありがとうございます。
もう4周年です。大学も卒業できます。
麻ブログを通して知り合った方々、そして麻ブログを通さなくても知り合っていた方々、
いろんな人、いろんなことからいろいろなものを吸収させていただき、
こうして4周年の日(ちょっと前ですが)を迎えることができました。
ありがとうございます!

麻ブログはこれからも、うちゅうのブログであるように精進します。
といってもうちゅうの話題は最近少ないですが、こころはいつもうちゅうのままです。
ことしは皆既日食も起こります。
遠くに見に行きたい気もちはやまやまでしたが、そんな計画も練らずに近くなってしまいました。
しかし、2035年9月2日には北陸などで見られる皆既日食があるらしいです。
北陸ならわりと近いので、そのときは、見に行きたいです。あと26年、みなさん長生きしましょうね。

これからも、どうぞ、麻ブログ、そして宇宙犬ポチ(となかまたち)をよろしくお願いします。
では。
[PR]
by asa_blog | 2009-06-10 01:45 | 季節
きのこはまだありませんか…森散策その2
こんにちは。
きのうに引き続き「きのこはまだありませんか…森散策レポート」です。
きのうはきのこ頭になったわたしがきのこのことばかり考えて、きのこ探しにでかけたようすをレポートしました。
今日も、その続きをだらだらレポートします。

d0051963_23574719.jpg

地面に落ちたどんぐりの中身からクヌギか何かの葉っぱが育っていました。
こうやって森ができていくのですね。


d0051963_0164.jpg

突然たまのようにコケが生えています。小さなコケ、かわいいです。


さて、相変わらず地面を見て歩いていると、ふしぎなものが目に付きます。

d0051963_044977.jpg
d0051963_05599.jpgd0051963_051513.jpg

きのこのようでもあり、でもきのこ?というようななぞの物体が地面からたくさん生えていました。
なんでしょう。きのこの仲間であることは間違いなさそうですが。

これは、きのこの仲間の菌類についてのことや、構造やしくみなどのきのこ知識が浅いことを思い知らされた瞬間でした。
もちろんそういう知識は今まで二の次になっていて、目で見て感動、興奮することにわたしのきのこ人生は費やされてきました。
知りたい、という気もちはあるのですが、どうしてもきのこを見つけたときのあの感動を、もっと!と中毒のように求めてしまう、そればかりがわたしのきのこ好きの原動力になっていたのです。

しかし、わたしはやはり、きのこについてもっと知りたいです。見て知って、勉強して、ただ不思議な存在としてのきのこではなく、現実にそこにあって、生きているきのこを見極めたいです。


d0051963_0383513.jpg

きのこについて熱くなってしまいましたが、どんな付き合い方をしようとも、きのこが魅力的であることに変わりはありません。
知りたいし、見たい、それでこれからもゆっくりきのこと付き合っていこうと思います。


d0051963_0432328.jpg

きのこみたいな水面。花のつぼみが伸びていました。かわいいです。

きのこに限らず、森散策はたのしいです。ことしはたくさんきのこ探しに出かけたいです。
では。
[PR]
by asa_blog | 2009-06-04 00:49 | 動植物・かがく
きのこはまだありませんか…森散策その1
こんにちは。
ことしもだんだんじめじめ…としてきて暑いですね。
じめじめ…ということは、イコールきのこの季節到来です!といってもすこしはやいですが。

最近のわたしは、きのこのことばかり考えています。
MOTHER2でいったら、胞子をあびて頭にきのこが生えた状態というかんじです。

とうげい教室では、えんえんときのこを作り続け、
図鑑をながめては、このきのこはどこへ行けば出あえるのか考え、
音楽では、きのこのCDを探していました。

ちょっと前にマイケル・プライムという人が植物やきのこの出す電気信号などから音楽を作っているということを知り、それを聴きたいと思いました。
それで、ベニテングタケを音源に使っていたりする、L-FieldsというCDを探していました。
在庫切ればかりで、なかなかみつかりませんでしたが、今月中ごろには手に入りそうになりました。
たのしみです。

それはともかく、まだかまだか、と、毎年恒例きのこ探しに森に出かけました。

d0051963_1594816.jpg
これは、きのこではありません。
ヘビイチゴです。
きのこ頭のわたしには、これすらきのこに見えました。きのこっぽいです。

そうこうしていると、きのこを発見します。
d0051963_231350.jpg
きのこ行列です。
このタイプのきのこは、一年通してよく見かけます。
ぐっと近づいて、きのこ観察をしました。


d0051963_255173.jpgd0051963_26457.jpg

もう、いろいろなきのこがありました。
といっても種類は少なく、同じ種類のきのこばかりがたくさん生えていました。
d0051963_26154.jpgd0051963_27812.jpg

あまりにも集中してきのこの写真を撮っていたので、
歩いていたおじいさんに「しゃがみこんでるから犬でも連れてるかと思ったのに!」と笑われました。

いろいろきのこを見つけましたが、これは「~~タケ」です。とか紹介できるとかっこいいのになぁ、といつも思います。
少しづつでも、なまえも覚えていきたいです。

森を歩いていると、きのこを目を皿のようにして探してしまうので、きのこっぽいもの(丸いもの、茶色、目立つ色のもの)が目に入ると過剰に反応してしまいます。

d0051963_23335215.jpg

これも、きのこかと思って近づいて見ましたが、きのこではありませんでした。
枝に、茶色いこぶのようなものができています。
木の病気でしょうか。病気の木でこういうものを見たことがありますが、ちがうかもしれません。

ただのきのこ探しの森レポートですが、2回にわけてレポートすることにしました。
ですので次回も「きのこはまだありませんか…森散策レポート」をお届けします。
では。
[PR]
by asa_blog | 2009-06-03 23:46 | 動植物・かがく