<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
崖の上のおじいちゃん
こんにちは。
最近旅行三昧のわたしです。ブログの更新も滞っていました。
東京で、ワールドハピネス2011に参戦し、とってもノリノリで暑さに負けず、なんかぜんぶたのしくて、でもちょっとしたアクシデントがあり、エリちゃんありがとうございますということがあり、
翌日平湯キャンプ場に出かけ、宇宙犬の地球調査などに付き合い、長野県まで行ったりして、4日間ほどたのしくゆったり過ごしたり、
そして、広島に行ってきました。

広島にはわたしのおかあさんの実家があるのです。おじいちゃんおばあちゃんのおうちへ行きました。
でもおばあちゃんは足の手術で入院していたので、崖の上のおじいちゃんに会いに行きました。

なぜ崖の上のおじいちゃんかというと、崖の上に家があるからです。
d0051963_1253874.jpg
今はもう整備されて階段などありますが、おじいちゃんの家は他の家より高い位置にあって、登らないと行けません。
わたしが小さい頃は、ほんとに崖状態のところを登ってやっとたどり着けるかんじでした。
そんな場所にある家がすきでもありました。

おじいちゃんの家についてすぐ、入院しているおばあちゃんのところへ出かけました。
今年はじめて、おじいちゃんの育てたブドウがみのったらしく、おじいちゃんはそのブドウを大切に、パックに入れて、おばあちゃんの病院に持って行きました。

d0051963_124238.jpg
これがそのブドウです。
病院につくとおじいちゃんはさっそく、はじめてのブドウの最初の一粒を、おばあちゃんに食べんさいと渡しました。
なんだかじーんとしてしまいました。
おじいちゃんは、ブドウがなるべく冷えた状態でおばあちゃんが食べられるよう、出かける直前までちゃんと冷やしていました。
わたしたちはおばあちゃんのあと、食べました。おいしかったです。
来年からはたくさん実がなる予定らしいです。たのしみですね。

d0051963_1394392.jpg
病院の帰りに見た海。
わたしの住んでいるところでは海は見られないので、海を見るとなんだかうれしいです。

d0051963_1411155.jpg
謎の、呼吸まんじゅう
買ってみましたが、そのとおりやわらかくておいしかったです。

夜におかあさんの妹家族と、おじいちゃんの家で焼き肉をすることになったので、買い出しをして帰りました。

d0051963_1433646.jpg
おじいちゃんの作ったかぼちゃ。
緑色のピカピカです。

d0051963_1461486.jpg
ブドウの影がきれいでした。

d0051963_1483349.jpg
おじいちゃんの作ったトマトとピーマン。木のランチョンマットにのせてあります。

d0051963_23561259.jpg
これは、おじいちゃんの作ったはしと箸置きと木のランチョンマットのセットです。すてきです。

d0051963_2359947.jpg
キッチンの流しのところにあった灯り?がなんか変わっていたので聞いてみると、これもおじいちゃんの作ったものでした。

d0051963_02419.jpg
これも!

d0051963_022049.jpg
これも!

おじいちゃんの家は、おじいちゃんが作ったものでうめつくされていました。わお!
時計も箸セットも、あとは椅子や机をけっこう売っているみたいです。
前は頼まれて木馬も作っていました。

おかあさんの妹家族が来て、みんなで焼き肉をしました。
d0051963_055463.jpg
サニーレタスのバランです。こういうものがわたしは気になる。

みんなで久しぶりに、たのしく話しました。主にそこにはいなかった、わたしの弟や、一番上のいとこの仕事のはなしなどをしました。
おじいちゃんはたのしそうに話していて、みんな笑っていて、いい時間でした。
ビールや焼酎を飲みました。

翌日は朝から、おじいちゃんの木の仕事の手伝いをしました。
d0051963_053923.jpg
木の仕事をするおじいちゃんの手はなんだかピシっときまっています。かっこいい。

これは、頼まれて作って一度完成した机が、子どもには背が高すぎたため、作り直しているところです。

d0051963_0202616.jpg
ただ机といっても、木の板に四本脚をつけるだけじゃないのですね。

d0051963_0245119.jpg
ひとまず脚のついた机。引き出しもつけるそうです。あと、まだ磨くのだそうです。
とりあえず、今日はここまでです。


そのあと、またおばあちゃんのお見舞いに行きました。
おばあちゃんの足がよくなるといいです。

前日、みんなで焼き肉をしたとき、いつもならおばあちゃんがいろいろなことを準備したり、なにもかもさくさくやってくれていたので、わたしたちは火にかけたものを忘れたり、ものの場所がわからなかったりごちゃごちゃしました。
おばあちゃんはいつも、知らない間になにもかも準備してくれていて、わたしたちはいつも、何もやることがないくらいなのです。
おばあちゃん、いつもありがとうございます。


お見舞いに行ってから、あまり新幹線の時間までなかったので、おじいちゃんと、わりと近くの音戸大橋に行きました。

d0051963_0294421.jpg
音戸大橋です。
音戸大橋(おんどおおはし)は、瀬戸内海で初めて本土と島に架けられた橋らしいです。(Wikipediaより)
広島県呉市には、いっぱい島があって、いっぱい橋があります。

音戸大橋の近くにある、汐音というところで昼ご飯を食べました。

お土産やさんで、お土産も買いました。
d0051963_044879.jpg
これは、海軍さんの珈琲です。
わたしはこういうものの、語尾に…とついているところがいつも気になります。

d0051963_0515645.jpg
中國新聞のトラック。

おじいちゃんにお別れを言って、駅でお土産を買って、家に帰りました。


やっぱり広島はいいところでした。もうお盆は過ぎていたので、わたしのすきな、広島の盆灯篭は売っていませんでした。
でも、お墓に少し残っているのをみかけました。
盆灯篭はむかしからすきで、今もわたしの部屋にミニ盆灯篭が飾ってあります。
大きなもの(1mくらい)もほしいのです。

おじいちゃんは木工作家?のようでした。かっこいいです。
これを書いているわたしの座っているいすも、おじいちゃん製です。
わたしのなまえがさりげなくくりぬかれて記してある、スペシャルバージョンです。
どんどんいろんなものを作ってください。たのしみにしています。

おばあちゃんは今回は病院でしか会えなかったけど、足がはやくよくなるといいです。
また温泉でもいっしょに行きたいです。おばあちゃんのおいしいコロッケも食べたいです。
たのしみにしています。

たのしい旅行でした。では。
[PR]
by asa_blog | 2011-08-22 01:07 | 旅行