<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
宇宙犬のはじめてのとおぼえ
こんにちは。
じつはポチクリスマス2011にて、ポチにクリスマスプレゼントを渡しました。
クリスマスプレゼントといっても、198円の安物です。
d0051963_055915.jpg
これは、ポチへの198円のプレゼントです。
なにかわかるでしょうか。
これはチキンのおもちゃです。クリスマスプレゼントにぴったり!ですね。
押すとプー、ピー、とおとのなるものです。

このチキンをプレゼントすると、宇宙犬は意外な行動にでました。



チキンのおとに反応して、へんなとおぼえをはじめた宇宙犬です。
おそらく、チキンのおとがポチの故郷の拳星のなにかに似たおとで、拳星を思い出したのだと思われます。
せつないへんなとおぼえです。

じつは宇宙犬がとおぼえのようなことをするのはこれがたぶんはじめてのことです。
わたしは宇宙犬の遠吠えなど、今まで聴いたことがありませんでした。
なぜこのとしになって、チキンではじめての遠吠えをしたのか、拳星の思い出のおとはなんなのか、たいへん気になります。
宇宙犬のはじめてのとおぼえについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-26 01:13 | 宇宙と宇宙犬ポチ
ポチクリスマス2011
こんにちは。
今日はポチクリスマスでした。
きのう行った、ポチクリスマス祝いのようすをお伝えします。

d0051963_23155011.jpg

宇宙犬の夕食もいつもよりごうかです。
いつもの宇宙犬の食事(宇宙犬はデリケートなのか、牛肉と鶏肉のアレルギーらしく、ノンアレルゲンフードを食べています)にわさびなリーフという葉っぱをかざりつけて、豆乳をぶっかけました。

d0051963_23224118.jpg

ヨシ!さっそくかぶりつく宇宙犬ポチです。

d0051963_23235549.jpg

ポチはクリスマスのごちそうを食べます!
しかし、豆乳浸しにしたのがよくなかったらしく、食べにくいのかいつもの5倍以上じかんをかけて食べていました。
もちろん完食していましたが。

d0051963_23263958.jpg

これが、クリスマスのごちそうです。
とはいえわたしは2品しかつくっていません。
チキンは毎年恒例の近所の精肉店のもの、赤飯は母が炊きました。

わたしはきのことじゃがいもと玉ねぎのポタージュ、生ゆばドレッシングサラダをつくりました。

てきとうレシピ

きのことじゃがいもと玉ねぎのポタージュ:バターで薄切りの玉ねぎを炒め、皮つきのじゃがいもをてきとうに切ってまた炒め、そのあとてきとうに水と塩を入れて煮ます。よく煮えたらてきとうに切ったきのこいろいろ(今回はハクレイ茸、しめじ、エリンギ)を入れて煮て、ミキサーてきなものにかけてポタージュ状になったら牛乳を入れてまたすこし煮て、チーズをおろして入れ、生クリームも少し入れ、塩コショウであじを整えてできあがり。

生ゆばドレッシングサラダ:わさびなリーフという葉っぱ、カイワレをてきとうに切り、かぶは薄切りにして塩をまぜてしばらくおき、しんなりしたら水気をしぼります。はなびら茸は水と塩少しを入れてなべに入れ、ふたをして蒸します。黒オリーブはてきとうに切ります。たこもてきとうに薄切りします。それに、生ゆば(汲み上げゆば)を刻んだものと、かつおぶしのだし少し、うすくちしょうゆと塩コショウ、オリーブ油をまぜた生ゆばドレッシングをかけてできあがり。

きのこのポタージュはきのこ、とくにはくれい茸からよいあじがでるので、おいしくできました。
生ゆばドレッシングは全くのおもいつきのてきとうレシピですが、おいしかったです。

d0051963_2392659.jpg
ポチクリスマスといえば、宇宙犬ポチケーキです。
毎年乱雑に仕上げます。

ことしはサワークリームのせのベイクドチーズケーキポチバージョンです。
ふつうに焼いたベイクドチーズケーキの焼きあがりころに、サワークリームとさとうとレモンの皮をおろしたものをまぜてのせ、また少し焼いてつくりました。
おぼろげなポチがおはレモンの皮をきざんだもので描き?ました。

d0051963_23502133.jpg
ことしは雪のクリスマスでした。
きれいな雪にこころもときめきましたが、交通の乱れを予感しました。
写真はまるで流星群のようにうつり、ドキドキクリスマスです。

ことしもたのしいポチクリスマスを過ごせました。
わたしはなぜかクリスマス前から毎日2、3じかんしか眠れず、寝不足でした。
悩ましかったのではなくやることがあっただけです。
むかし友だちが、4じかんよりたくさん寝ると調子が悪いと言っていたのを思い出しました。
いつもは辛いですが、ときどきの寝不足はいろんなことがたくさんできるので、わたしは充実したポチクリスマスを過ごせたように思います。ツイてる!

ポチクリスマス2011を読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-25 23:58 | 季節
親いもがおいしい
こんにちは。
わたしはことし、里芋ブームがやってきました。
旬の秋の里芋を、市場のようなところで買って食べたことからそれははじまったのです。
なんか、ふつうに調理しているのに、すっごくほくほくでおいしいのです。
むかしから、蒸して塩をつけた里芋のおいしさには、やられっぱなしだったわたしですが、ここのところ、里芋について忘れていました。
おいしい里芋を食べて、再燃したのです!
里芋ごはん、里芋ポタージュ、里芋のともあえ、煮物、アオリイカとの煮物、汁物など、里芋をたくさん食べました。

そんなふうに里芋ブームがやってきていたところに、すばらしい里芋を手に入れました。

d0051963_1491671.jpg
これは、親いもです!
なんだかグロテスクな見た目です。
写真の大きなイモのまわりについているのは、子イモなのでしょう。
大きなイモが親いもです。
親いもというのは、種イモからできる、里芋の葉っぱ、茎の部分とつながっている中心の大きなイモです。
ここから子イモ、孫イモが出来て、ふだんわたしたちが食べている里芋はこの子、孫のイモだと思われます。

里芋について
そのもとのイモが親いもなのですが、これが、すっごくおいしかったのです!

d0051963_205920.jpg
ただふつうの、なんということのない里芋の煮物です。
しかし、これは親いもの煮物なのです。

なにがちがうかというと、ぜんぜんちがうのです!
ふつうの里芋の煮物とぜんぜんあじがちがいます。
里芋のあじが凝縮されたような、ねっとりとした、里芋のかおりがめちゃくちゃ詰まったような。
すききらいはあるでしょうが、里芋がすきな方にはきっとおいしく感じられるはずです。
この親いもを体験してから、ふつうの里芋が物足りなく感じるほどです。

いつも市場にあるものではないようなので、時期のものだと思います。
10~11月ころに出回っていたように思います。
わたしは来年も、その時期になれば親いもを探し求めて過ごしたいと思っています。
なんともおいしい親いもです。機会があれば食べてみてください。
親いもについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-15 02:11 | 食物
カレバキツネタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg
d0051963_0482993.jpg

見た目:まるでロウのような質感の、ベージュ~茶色のきのこです。
傘の中心はくぼみ、そこから放射状に溝線があります。そのかんじもロウみたいです。
柄もおなじようないろで、線がまだらにあります。
時期:今年はこの6月末~7月しか見ませんでしたが、いつもは夏から秋までたくさん見ます。
大きさ:傘の径4cm~8cmくらいのものを見ました。
食毒:食毒不明?食べられるとか、情報が不確かです。


d0051963_049133.jpg
2011.6.27
くたびれて生えていたカレバキツネタケです。
この、ロウっぽい質感にいつもドキドキします。触ってみたくなるような。
さらさらつるつるです。

d0051963_0493753.jpg
2011.6.27
ひだは疎で、これもまたロウっぽい。
かたちがとにかく丸こいのですがはっきりしていて、そういうなんか、もののかたちがふわふわしていなくて、ある!というような質感のものはすきです。
ふわふわしているものもすきですが。

d0051963_0494687.jpg
2011.7.1
この日は日にちがたったのか、穴が開いたり劣化しています。
劣化すると、色濃くなるようです。
そして、乾燥するともっと白くなります。


d0051963_9493495.jpg
2007.7.19?
これはずいぶん前に見かけたきのこですが、そのときは何かわかりませんでした。
これはカレバキツネタケが乾燥したときです。
こんな白くなります。


このカレバキツネタケは、わたしのいつも行く森ではごくありふれたきのこです。
毎年いちばんよく、これでもかというほどに見かけるのですが、ことしはなぜかあまり見かけませんでした。
ことしはなんだか、気候がいつもとぜんぜんちがうのか、いつも見るきのこをあまり見ない、ということが多くありました。
この、今まできっと何百と見てきたきのこ、ことしはあまり見られなくてさみしかったです。
来年はきっとたくさん、いやになるくらい見たいです。
カレバキツネタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-15 01:14 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
ドクベニタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg
d0051963_23514482.jpg

見た目:傘が赤くてきれいなきのこです。ヒダ、柄はとても白いです。
そしてなんだかすごくしゃきっとした、はっとするほど白いヒダがきれいです。
なのに画像でヒダのきれいな写真はありません。
時期:6月末から7月、秋にも見かけました。夏~秋のきのこです。
大きさ:傘の径3cm~8cmくらいのものを見かけました。
食毒:ドクというなまえのとおりに毒タケです。生食すると中毒するらしいです。


d0051963_23515733.jpg
2011.6.23
きれいに赤いドクベニタケです。
真っ赤なきのこ、というと心ときめきます。山の中で、とてもうつくしく映えます。

d0051963_23522861.jpg
2011.7.2
これもドクベニタケか、小さかったのでニオイコベニタケかもしれません。
ドクベニタケにはよく似た種類がいくつかあり、よくわかりません。

d0051963_23524093.jpg
2011.7.4
これもニオイコベニタケっぽいです。
ニオイコベニタケだったら、カブトムシのにおいがするらしいのですが、におっていないのでわかりません。
来年見かけたらにおってみたいです。


ドクベニタケの図鑑のはずなのに、あまりドクベニタケについて紹介できませんでした。
ドクベニタケのような、傘の赤いベニタケのなかまはよく見かけます。
わたしは、そういうものはもうドクベニタケだ、ということにとりあえずしているのです。
このきのこは毎年よく見かけます。ですが今年はあまり見なかったのです。

d0051963_1582972.jpg
2009.8.31
これは昔ブログにのせたものです。
これは、柄がピンク色なので、ドクベニタケではないと思いますが、近いなかまのきのこです。
なぜこんなまたドクベニタケをわかりにくくするような画像をのせたかというと、ドクベニタケなど、だいたいのベニタケ科のきのこの、ヒダのきれいさを伝えたかったからです。
はっとしてしまいます。
なんてきれいなヒダなのでしょうか。


山でこんなふうな赤いきのこを見かけたら、ドクベニタケであることをまずうたがってみてください。
そして毒なので食べないで、見てたのしんでくださいね。
ドクベニタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-14 00:19 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
皆既月食レポート
こんにちは。
わたしはうちゅうがすきです。毎年うちゅうのとしになるように祈っています。
さいきんはきのこばかりですが、きのこも大まかに言えばうちゅうなのです。

すこしまえに、皆既月食があるということを知り、見やすいらしいので目に焼き付けておこうと思いました。

地球の影で月が隠れるだけのこと、といえば、それだけのことですが、何も知らないむかしの人々がそれを見たら、どう思ったのでしょうか。
ドキドキします。

わたしはEOSkissX2に、家にあった望遠レンズてきなものを装着して、スタンバイしておきました。
しかし、この日は友人とごはんを食べに行くことになっていたので出かけると、はなしが盛り上がり、月が欠けていくようすは逃しました。
でも月食につきっきりになるよりも、たのしいじかんを過ごせました。ありがとう友人。

そしてたのしんで、欠けていく月を見ながら家に帰り、走って撮影を開始しました。

d0051963_291283.jpg
これはぜんぶ欠けたときの月です。
赤い。目で見るともっと暗いです。

d0051963_213354.jpg
これはその写真をアップめにしたところ。
うさぎさんもいますね。
わたしはこの写真を一人駐車場に寝っ転がったり自分の車にもたれかかりながらあやしく撮影しました。
はたから見れば不審者であることは間違いありませんでした。

しばらくすると、家のベランダからも角度的に撮れるようになったので、ベランダで撮影しました。


d0051963_2174542.jpg
おっ、光が戻ってきていますね!
かえってきた、
d0051963_2185370.jpg
月のかがやき!です。


d0051963_2203518.jpg
しばらくたつと、光はだいぶ戻ってきました。

d0051963_2212220.jpg
同じときの月です。


d0051963_2235215.jpg
そして月はみんなひかりを取り戻しました!
ちょっとはしがまだ暗い気もしますが。

そして煌々と輝く月です。なんだかかがやきを取り戻し、誇らしげに見えます。

たのしい皆既月食撮影でした。
影になってしまっている月も、明るい月も、すごくきれいなものだなぁと改めて感心しました。
身近な存在である月を、さらにぐっと近くに感じることができました。月をかんじました!

そしてまたうちゅうは同じように、大きくてこまかくて小さくて、すすんでいきます。
わたしたちの感知できるものすべてを含んでいるのがうちゅうです。まだ知らないものも!
わたしはわたしのうちゅうを広げていきたいです。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-11 02:51 | 宇宙と宇宙犬ポチ
ニッケイタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg
d0051963_1242912.jpg

見た目:きいろ、茶色、オレンジいろの輪っかになったつやつやの絹みたいなきのこです。
時期:わたしは6月~7月に見かけました。夏~秋のきのこのようです。
大きさ:傘の径3cm~6cmくらいのものを見かけました。
食毒:食不適のようです。かたくて食べられそうにありません。


d0051963_1244089.jpg
2011.6.23
すごくきれいなニッケイタケです。つやっつやでいろみもきれいです。
だいたい、歩く道の横の山の面?山を歩いているときの、横の土のがけふうになった斜面に生えています。

d0051963_1252840.jpg
2011.6.23
この日はたくさん生えていました。
きれいです。
こんなきれいなもようとつやのものが、山歩きでふっと横を見るとあるのです。
なんでこんなにきれいなつやつやなのでしょうか!

d0051963_1254052.jpg
2011.6.27
まえよりも茶色っぽくなりました。
古くなると茶色っぽくなるのかもしれません。
ワイルドで、大人なかんじがします。

d0051963_1254922.jpg
2011.7.2
わりと横から見たようすです。
ひらっひらの薄い傘のわりに力強い柄がついていました。
柄は黒っぽいですね。


このきのこは、なんといっても、薄くてつやつやの傘が見ものです。
つやつや、てかてか、これもきのこなの?とドキドキします。
わたしのいつもの観測地でなくても、いろいろなところで見かけるので、ありふれたきのこなのだと思います。
きのこというには、あまりにもきれいで、採って帰って飾りたくなります。
いえ、ほかのいろいろなきのこもきれいなのですが、なんかこれはかたくて、かざりみたいなのです。

わりと見かけるので、みなさまもどこかで目にすることがあるかもしれません。
そのときはこのツヤを堪能してください。
ニッケイタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-08 01:46 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
宇宙犬ポチの老化
こんにちは。
今日はうちに住んでいる宇宙犬について紹介します。
麻ブログでは当たり前のように宇宙犬…と言っていますが、今となっては宇宙犬についてご存じない方も多いと思います。
宇宙犬とは、地球の犬に似たかっこうをしていますが、高い知能をもった犬型宇宙人のことです。
一部に知られているポチという宇宙犬は、我々の銀河から約82億光年離れた、犬銀河の拳星(こぶしせい)の出身です。
犬銀河には拳星以外にも星があります。
自分が何星出身の宇宙犬タイプかを知るには、むかし流行っていた占いをするとわかります。
宇宙犬占いはこちらから

むかしのコンテンツを持ち出しましたが、宇宙犬の紹介でした。

今日紹介するのは、宇宙犬の老化についてです。
宇宙犬ももう6歳になり、老化は一目瞭然です。なので、それについて紹介しようと思いました。

d0051963_281744.jpg

左の真っ黒だった宇宙犬ポチの顔は1歳ころのものです。
きれいな黒です。
右側が今の宇宙犬です。顔が白くなってしまいました。
表情も、高圧的で挑戦的なふんいきだったのが、今では穏やかなほろっとした表情に変わりました。
人間の年齢でいうと、今は42歳くらいのようです。
宇宙犬も、地球の犬と同じように年をとっていくのですね。

今では地球になじみ、宇宙情報をむかしのようにたくさん伝えてくれることはなくなりましたが、
相変わらず拳星との交信はしており、ときどきわたしにうちゅうのひらめきを与えてくれます。
それでなくても宇宙犬とわたしは今では密な関係で、けんかしたこともありましたが、いとしい存在です。

d0051963_216497.jpg
これはまだ、宇宙犬のことを宇宙犬だとわたしが知る前の小さな宇宙犬です。
ちいさいころは必死に走り回って、わたしはこれは地球犬だと信じ切っていました。

それからしばらくして、宇宙犬を見つめていると、いろいろな情報がわたしに伝わってきたのです。
そしてわたしは宇宙犬について知りました。なつかしいです。

そんな宇宙犬も年をとりました。

これは、宇宙犬がたべものを鼻で待つようすの動画です。
だんだん顔が上向きになっていくようすが宇宙犬らしいです。
でも鼻で待たせてはかわいそうな気がします。

読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-05 02:32 | 宇宙と宇宙犬ポチ
キコガサタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg
d0051963_0553386.jpg

見た目:クリームいろで、傘の中心は黄土色のようないろの傘が、白くて細く長い柄ですっと生えているきのこです。
時期:わたしは6月~7月にたくさんこのきのこを見かけました。初夏~秋のきのこです。
大きさ:傘の高さは1.5cm~2.5cmくらい、柄も含めた全体的な高さは8cm~12cmくらいのものを見かけました。
食毒:食不適のようです。毒があるというよりはおいしくないか、食べるところがないというかんじのようです。
でももしかしたら毒もあるかもしれないので、食べないほうがいいと思います。


d0051963_054183.jpg
2011.6.23
たくさん生えるキコガサタケ。こんなふうに5~10個くらい生えているのを見かけます。
ふつうのきのこっぽいきのこです。
でも柄が華奢で、たくさん伸びているので、見るとうれしいです。

d0051963_0554311.jpg
2011.6.27
この日はわりと湿っぽかったか、茶色ぽい、色濃いです。

d0051963_0555294.jpg
2011.6.30
この日も同じように、いくつも生えていました。
この頃は同じ場所(枯れ葉のつもったところ)に入れ替わりたちかわり、毎日生えています。

d0051963_056350.jpg
2011.7.1
この日もまた同じように生えています。

d0051963_0561522.jpg
2011.7.4
この日もまた…です。
この時期はいつもこの場所で見かけるので、なじみのきのこです。


このきのこ、とくに目新しさはありませんが、毎年見ていると、あ、今年もキコガサタケが出たということはあのきのこがそろそろ生えるな、とか、指標てきな役割で活躍します。
また、シンプルで地になじんだ風貌なので、わたしはなんだかこのきのこを見るとほっとします。
むかしから知ってる幼なじみ感覚です。
来年もあの同じ場所に生えるであろうキコガサタケをたのしみにしています。
キコガサタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-12-05 01:19 | 麻ブログにわかきのこ図鑑