<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
とうふを食べる宇宙犬
こんにちは。
ぜんぜんたいしたことないのですが、なぜかいつも撮ってしまうしゅんかんがわたしにはあります。
みなさまも、なぜがそれを見るとシャッターを押してしまうようなこのみのしゅんかんがあるのではないでしょうか。

ふいにシャッターを押してしまう、というにはすこし意図的ですが、わたしはいつもこのしゅんかんをしゃしんにおさめてしまうのです。

d0051963_1245324.jpg
顔をゆがめる宇宙犬。
なにかが頭上からおちてきています。
それはなにか。それはとうふです。

わたしは、宇宙犬ポチの頭上から角切りのとうふを落とし、それを食べるしゅんかんの宇宙犬をさつえいするのがしゅみのようになってしまったのです。

わざわざそのために角切りのとうふを用意するわけではなく、ごはんをつくるとき、おみそしるやお吸い物に入れるため、とうふを切ります。
そうすると、興奮して宇宙犬が近づいてくるのです。
そのため、用意したとうふの中から4つほどを、宇宙犬の頭上から落とし、そのようすをさつえいするのです。

さて、意味もなくたまりにたまった「とうふを食べる宇宙犬」アーカイブ?をお届けします。

d0051963_1321964.jpg


d0051963_1323388.jpg


d0051963_1324338.jpg


意味も、おどろきも特にないですが、たくさんとうふを食べ、さつえいしたのだな、と実感しました。
去年の7月頃からおこなわれていることです。

d0051963_137433.jpg
この、口のかんじがわたしはすきです。
今まさに、宇宙犬の口に入り込んでいるしろっぽいものが、とうふです。

なぜ、宇宙犬がとうふをすきなのかについて、よくわかりませんでしたが、さいきんやっと、宇宙犬はわたしにそれを伝えてくれました。
宇宙犬ポチの出身星、拳星(こぶしせい)にある、ヤングルカデマという食べものが、地球のとうふによく似ているらしいのです。
ヤングルカデマといわれてもよくわかりませんが、拳星のまめのようなものを、とうふをつくるのと同じような過程で調理したものらしいです。

これからも、わたしは人知れずさつえいを続けていこうと思っています。くせのようなものなので、やろうとつよく思ってやっているわけでもないのです。

とうふを食べる宇宙犬について読んでくださり、ありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-02-25 01:44 | 宇宙と宇宙犬ポチ
ミラクル土鈴
こんにちは。
きょうは、めずらしくも?陶芸ネタをお届けします。
ミラクル土鈴を紹介します。
d0051963_23522191.jpg
これが、ミラクル土鈴です。
なにがミラクルなのかと思われることでしょう。
絵付けもムラです。
わたしのパソコンでは、つちすずと書かないと土鈴とでてきません。どれいと読みます。

おとを聴いてみてください。


伝わるかわかりませんが、シャリシャリしたきれいなおとがします。
これは、わたしの土鈴史上はじめてのきれいなおとの土鈴です。
じっさいは動画よりもきれいで、星のまたたきのようです。

今まで作った土鈴は、このようなおとでした。

なぜこんな、シャリシャリしたおとがするのかというと、わたしのたいへん尊敬するせんせいにきれいなおとの構造をおしえてもらい、それをにわかに実践してみたのです。

d0051963_013939.jpg
おそろしい、とげとげのうつわ?ではありません。
これは、ミラクル土鈴の内部構造です。
このようなとげのようなものが内にむかって生えていて、中にある、くしゃくしゃのごみみたいなのは、細かい玉をつくり、それを一個一個新聞紙でくっつかないようにくるんでいるのです。
玉はもっと、てんこもりにたくさんつくりました。
この結果、シャリシャリしたおとがでるのです。

これは、素焼きの段階のときのおとです。


まだなんだかくぐもっていますね。
本焼きすると、キラキラになりました。

わたしはじつは、とうげい教室に通って8年?土鈴をつくることをいちばん多くやってきました。
今までつくった土鈴は数えきれません。
ポチ土鈴、きのこの土鈴、にぎりこぶし土鈴、よくわからないもの、たくさんです。
しかし、とくに深くも考えずいつもつくるため、おとにこだわったことはなかったのです。
手元でちまちまできることがこのみでした。しかも音がなるなんていいな、とおもっていました。

でもやっぱり、すてきなおとがなると、うれしいものです。

ミラクル土鈴のもようは、中に玉がいっぱい入っていますよ、ということを表すために玉がいっぱいついたかんじにしました。

きれいなおとの土鈴もつくれるようになり、わたしの土鈴人生はネクストステージへとすすめそうです。
きょうもさっそく2こつくりました。

ミラクルかわからない土鈴についてよんでくださりありがとうございます。
とうげいをなさる方は、ぜひやってみてください。うれしくなりますよ。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-02-18 00:40 | 陶芸
ポチバレンタイン2012
こんにちは。

d0051963_2293176.jpg
これは、工事現場の石の山ではありません。地面でもありません。

ではなんでしょうか。これがなにかということは、今日もらったりあげたり、ほしかったりあげたかったり、あげたくもほしくもなかったかもしれないもののことを考えていただけるとわかるとおもいます。

そんな遠回しなことを言わなくても、しゃしんを見たらすぐわかったかもしれませんが。

ことしもポチバレンタインです。

d0051963_22261063.jpg
ことしは、ぽちどーなつです。
チョコあじのドーナツに、ポチコーティングがされています。しっぽ付き。くるくるはポチのしっぽです。

今日は、そわそわしたり、ドキドキしたり、がっかりしたり、うれしくなったり、なんでもないようにしてみたり、なんでもなかったり、ほしい!と声をあげたり、いろんなひとがいたかもしれません。

わたしはというと、むかむかしていました。
むかついていたのではありません。ドーナツのあじみをしすぎて、胸がむかむかしていたのです。
わたしの5倍は食べた弟はむかむかしていませんでした。わたしはむかむかしました。

むかむかしたので、ことしはバレンタクロースはおやすみでした。
ことしは遠出もしてたくさん配るぞ!とはりきっていたのですが、6こ止まりになりそうです。
らいねんは、しっかりバレンタクロースとしての役目を果たしたいです。

ポチバレンタインについてよんでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-02-14 22:28 | 季節