<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
宇宙犬44さいおめでとう、きのう
こんにちは。
きのうは宇宙犬ポチのうまれたひ、たんじょうびでした。

d0051963_0114320.jpg
ろうそくのあかりで、ケーキを待ちわびるポチ。

宇宙犬ポチも、もう7さいになりました。7年も彼といっしょにいるのです。
いとおしいわけです。
人間のとしだと44さいらしいです。わたしよりあっというまにとしをとっていくポチ。

d0051963_0161192.jpg
ケーキはおかあさんがつくってくれました。
たまごととうふと小麦粉なんかを焼いた生地に、つぶしたじゃがいも、ブロッコリー、トマト、普段のごはんで飾り付けです。

7さいになったポチには、プレゼントをつくりました。

d0051963_0181419.jpg
これがなにだかわかるでしょうか。
「7」です。7さいなので、7をプレゼントしました。
刺繍は1日がかり、即興?で、思うがまま、ポチへのきもちを縫いつけました。
春らしく仕上がったような、気がします。

ポチは、すぐにこれで遊んでくれました。



ポチが「7」に夢中になるのは、7のなかに、豆袋が入っているからです。
豆袋は歯ごたえがあり、宇宙犬ごのみです。

d0051963_0244378.jpg
これが使用後です。
ポチがたのしんでくれたことが伝わるでしょうか。
1日かけて刺繍した「7」を、噛みしめてくれたポチ。
むしろこちらがうれしくなってしまいます。

これからも、すこやかな宇宙犬でいてください。いっしょにいてくれて、ありがとう。
宇宙犬のたんじょうびについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-03-09 00:30 | 刺繍
うるうどしには、川底を歩きます
こんにちは。
きょうは4年にいちどの日でしたね。
そんな日には、川底を歩こうと、わたしは出かけました。
d0051963_23245570.jpg
これが川底です。
ここが川底、と言われても、みなさま意味のわからないことでしょう。
しかし、ここは川底なのです。写真の奥のほうに、石垣が見えるでしょうか。その上が、遊歩道なのです。
そして、その下は川底です。

d0051963_23272338.jpg
この写真の左側が今日の川底です。
右側がむかし、雨のたくさん降った日の川底です。おなじ場所です。

d0051963_23314496.jpg
これはむかしの写真です。立派な川が流れています。

d0051963_23323771.jpg
きょうはこんなふうです。川が、水がありません。

つまりここは、雨がたくさん降る梅雨の時期などには川になり、いまは雨が降っていないので水がないのです。
ですので、いちおう、やはり川底です。

そんな川底を、わたしは歩きました。
歩いていると、石がたくさんありました。

d0051963_23355481.jpg
なんか、ギシギシした石。いろもいろいろです。
ふつうに見たら、ただの石ですが、なんだかじっと見ていると、いろや、もよう?具合とか、いろいろでたのしくなってきました。

d0051963_23384557.jpg
ペシペシした石。いろは、エメラルドグリーンで、きれいです。

d0051963_233951100.jpg
赤、オレンジ、ピンク、しろの色合いがうつくしい石。
理由はあるのでしょうが、どうしてこんなに赤い部分と、そして白い部分があるのでしょうね。

d0051963_23415364.jpg
なんだかミシミシした石。
濃い赤のいろと、層になったすこしみどりいろのぶぶん、そしてちりばめられたあおっぽいいろがきれいです。

d0051963_23443719.jpg
ちょっと、もこもこしている石。
黒いこげたようなところがあって、ちゃいろ、赤、白っぽいいろ。血なまぐさくっていいです。

d0051963_23464295.jpg
わたしのいちばん気にいった石!
きれいな朱色と、青っぽいグレーとかの4層。きれいです。
わたしはどうしても、「あおいろとあかいろのうちゅうにうまれた」といううちゅうけんのうたの影響か、青と赤のいろがすきなようです。

石はおもしろいです。この石の多様なもようは何かに生かせそうです。

石を見ながら、川底を歩いていると、ふしぎなものを目にします。

d0051963_23542281.jpg
木の穴みたいなところがなんだか不自然です。
なんでしょうか。

d0051963_2355864.jpg
あっ!きのこ!
へんなところからきのこが生えていました。
さわってみると多少弾力があり、まさにきのこの手ざわりでした。そして、におってみると、やはりきのこのにおいでした。

d0051963_23563622.jpg
同行した、宇宙犬ポチも川底を歩きながら、いろんなことに興味津々でした。

石を、じっくり見てみるのもたまにはいいことです。それぞれ違って、おもしろいです。
川底を歩いてみるのも、いいことです。水の流れにそって、あらたな発見ができます。
とはいえ、水のたくさんの川の川底を歩くことは危険なのでやめてください。
川底について読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-03-01 00:00 | 動植物・かがく