<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
むかし「闇のアルバム」に取り憑かれましたが、「闇のアルバム2」にも取り憑かれました。
こんにちは。
さいきんすてきなCDを手に入れたので紹介します。
麻ブログでもむかし紹介した、楳図かずお先生の、「闇のアルバム」の第二弾、「闇のアルバム2」です。
去年発売されていたようです。

d0051963_22415087.jpg
ジャケットも取り憑かれます。

むかし、「闇のアルバム」を聴き、わたしはまさに、取り憑かれました。
「闇のアルバム」は、カバー曲もありますが、ほぼ全曲を楳図かずお先生が作詞作曲され、しかも歌っているという豪華なアルバムです。
「洗礼」という曲などは、ゆーるーしたまえゆーるーしたまえーというところを何度車で大熱唱したかわかりません。ほかの曲も熱唱しましたが。

そして、さいきん「闇のアルバム2」が去年発売されていたことを知りました。
試聴してみると、ああっ!!とやられてしまいました。
試聴はアマゾンでできます。
ですので、これはやはり手に入れたい!と、購入しました。


収録曲
1. わたしのふるさと
2. チキンジョージ
3. ひとりたび
4. タンゴ・アルゼンチーノ
5. 14歳
6. 大阪の女
7. 黒い色
8. 新宿怨歌
9. 海賊ロック
10. 新宿烏 (アルバムバージョン)


前作同様、ほぼ作詞作曲は楳図かずお先生です。もちろん、歌っているのもです。
今回も耳に残るおとと、ことばたちです。
歌も、とてもよいのです。取り憑かれました!
演歌調?むかしの歌謡曲みたいな雰囲気、タンゴ?ほかにも盛りだくさんの内容です。
個人的には、1曲目「わたしのふるさと」と2曲目「チキンジョージ」、5曲目「14歳」、6曲目「大阪の女」がすきです。
まだそこまで聴きこんでいないので、わかりませんが。

このCD、去年発売なので今はだめですが、初回特典でトレーディングカードがついてきて、金のグワシカードが出ると、楳図ハウスに招待されたようなのです!
銀のグワシカードもあり、その場合は抽選で10名様ご招待だったらしいです。
去年発売するときに知っていたかった…!なかなか当たるものでもないでしょうが。
ちなみに、さいきん買ったのですが、まだ初回特典のトレーディングカードはついてきました。
もちろん金のグワシカードではなかったですが。しかも今当たっても、楳図ハウスご招待は去年の10月だったと思うのでだめですが。
まだ初回特典がついてきただけでもツイてる!

興味を持たれた方は、ぜひ試聴してみてください!
読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-08-22 23:30 | おんがく
クロハナビラニカワタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg

d0051963_095437.jpg

見た目:黒い(茶色い)バラのようなきのこ。
乾燥すると真っ黒になり、潤うと茶色っぽくなります。
時期:春~夏に見かけました。
大きさ:5cm~8cmくらいのかたまりです。
食毒:いちおう食べられるようですが、わりと食不適みたいです。


d0051963_01059.jpg
2012.3.25
この日、ことしの3月25日にはじめて見たきのこ。
すごくきれいなきのこだと思いました。わたしは、倒木に咲く一輪の黒バラとそれを表現したことを覚えています。

d0051963_0101381.jpg
2012.3.28
数日後、晴れていたので乾燥していました。
乾燥すると真っ黒になっていくようです。

d0051963_0102241.jpg
2012.5.8
最初に見たのは3月末ですが、5月になっても変わらず同じ場所にあったクロハナビラニカワタケ。
もうこれは、乾燥しすぎて真っ黒を通り越して、塩こんぶみたいです。

d0051963_0103136.jpg
2012.6.9
6月の雨の降った後、みずみずしさ溢れるクロハナビラニカワタケです。
なんだかこれはわかめみたいです。

d0051963_0104167.jpg
2012.6.12
数日後、急に劣化しはじめたクロハナビラニカワタケ。
よく見ると、何かべつの色が混じってきています。
なにか別の菌に浸食されてきているのでしょうか!?

d0051963_0105297.jpg
2012.6.22
10日後には、クロハナビラニカワタケはもっと劣化し、白っぽい部分は生長してきていました。
どうやら見ていると、同じ倒木に生えていたタコウキン科?みたいなきのこ(写真の下の方に見える、茶色くてふちがベージュっぽいもの)に浸食されてきているようです。

d0051963_011022.jpg
2012.7.25
1か月後、完全に劣化してしまったクロハナビラニカワタケ。



紹介した写真はすべて同じ個体です。
このきのこは、最初に見つけてから4か月もの間、同じ場所になくならずにありました。

最初にこの、クロハナビラニカワタケを見かけたのですが、5月ごろには、他の場所でいくつかの別のクロハナビラニカワタケを見かけました。
しかしそのどれも、わりとすぐに劣化してなくなっていったのに対し、この写真のクロハナビラニカワタケだけは乾燥したりしながらもずっと、4か月もここにあったのです。

そのおかげで、同じきのこのいろいろな表情を見ることができました。
ぜんぶおおまかにはおなじ形に見えますが、質感や色が別のものみたいに違っておもしろかったです。
しかも、別のきのこに浸食される姿まで見ることができました。

おなじきのこでも乾燥したり湿ったり、裂けたり開いたり、いろいろな表情を見せてくれることもきのこの魅力です。
だからこそ見つけたきのこをただ図鑑で確認しても、よくわからなかったりするのです。
いろいろな情報を比較したり、通っていろいろな状態を見ていると、あ、これだったんだ!とわかってたのしいです。
しかし見た目に特徴があるといいですが、似ているきのこがあったりする場合、顕微鏡で構造や胞子を見てみないと、ほんとうにはわかりません。
顕微鏡を持たないし、きのこをただ抜いたりすることになぜか抵抗のあるわたしはにわかにきのこを突き進もうと思います。

今回で67種類目です。
2011年に見つけたきのこを紹介する、のがこの図鑑のさいしょの目的だったのですが、2011年に見つけたきのこの紹介は終わりました。(数合わせにもっと古い時期に見つけたものも紹介しましたが)

これからは今年新しく見つけたきのこの紹介です。あと7種類くらいです。

クロハナビラニカワタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-08-05 00:59 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
クチベニタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg

d0051963_20264738.jpg

見た目:ベージュみたいな色の丸いかたまりの、真ん中がオレンジ色になっているきのこ。
オレンジ色は星型になっていることが多いです。
時期:夏~秋のきのこ。わりとずっと見かけます。
大きさ:1cm~1.5cmくらいです。
食毒:食不適、と思われます。


d0051963_20271576.jpg
2011.10.1
これは、クチベニタケなのですが、オレンジ色も目立たないし土っぽくてなんだかよくわかりません。
このような生え方をしていることも多いです。
土の壁をじっと見てみるとこんなものがあるかもしれません。

d0051963_20305618.jpg
2011.10.1
ひゃっ!
枯れ葉にきれいなクチベニタケが生えていたので、枯れ葉をどけてみたら、下の方はこのようになっていました。
肌色のうねうねしたものが伸びています。

d0051963_20274481.jpg
2011.10.1
オレンジ色が目立たないものもよく見かけますが、よく見るとうっすらオレンジ色だったりします。

d0051963_2028727.jpg
2009.10.8
これは昔見つけたきれいなクチベニタケです。
こんなものがぽこぽこ土から生えてくるのです。かわいらしいです。

d0051963_20281454.jpg
2009.10.8
たくさんのクチベニタケです。
オレンジ色がきれいに星型になっています。



クチベニタケは2009年にはじめて見つけましたが、これもきのこ!?と驚いたのを覚えています。
山で、がけ?みたいになっているところにぽこぽこ生えてきます。
若いうちはオレンジ色が目立たずに、だんだん目立つようになるのかな、と思ったのですが、
ずっと見ていてもいつまでたってもオレンジ色がはっきりしないものもあったので、個体差もあるのですね。

2番目の写真の、肌色のうねうねした部分は偽柄というらしいです。
クチベニタケも、ホコリタケなどと同じ腹菌類のきのこで、この丸い中に胞子をつくるようです。
クチベニタケのベージュ色のまるの部分が、赤みがかっているものはホオベニタケというらしいです。

クチベニタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-08-03 20:54 | 麻ブログにわかきのこ図鑑