<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
気をとりなおして新年豆行事
こんにちは。
前回、新年豆行事をはじめてからはじめて、知らない間に新年豆行事を行ってしまっていました。
それはそれで新しいタイプの新年豆行事としていいと思いますが、意外と?こだわり深い?わたしは、気をとりなおしてふたたび新年豆行事を行いました。(ただ食べたいものが豆をつかったものであった、ということでもあります)

ことしはダブル新年豆行事です!これはとても縁起がいいことですね!

これは、今回の新年豆行事の最終形態です。

d0051963_21523768.jpg



さて、今年はなんの豆を煮たのでしょうか?




d0051963_21422823.jpg

そうです。レンズ豆です。
わたしがたぶんいちばんすきな豆です!(たぶんなので変動する可能性があります)
これは、豆を水洗いしたところです。



d0051963_21432693.jpg

なべに洗った豆と水を入れて火にかけます。
今回は何ができあがるのでしょうか?



d0051963_21445535.jpg

沸騰!沸騰しました!少し火を弱めてしばらく煮ます。



d0051963_2145351.jpg

その間に玉ねぎとトマトとニンニクをみじん切りします。
紅白でじつに縁起がいい!!



d0051963_21462212.jpg

刻んだやさいをなべに入れます。豆が紅白で彩られていよいよ縁起がいいです!



d0051963_2147466.jpg

そこにターメリックを少しふりまきます。しあわせのきいろ!ますます縁起がいい!!



d0051963_21481541.jpg

ひろし(友だち)にもらった秘伝のスパイス(とても古い)から、今回はチリパウダーだけ使います。
赤みが入ってあたたかみがプラスされました!なんてしあわせな光景なのでしょう!

それを混ぜてぐつぐつ煮ていきます。


d0051963_21514710.jpg

ぐつぐつ……

水を足したりしながらじっくり煮込んでいきます。



d0051963_2152117.jpg

できあがりました!おっこれは!?



d0051963_21542328.jpg

できあがったのはレンズ豆カレーです!!パクチーを添えて。

だいたいいつも、レンズ豆カレーをつくるときは玉ねぎを炒めたりもするのですが、今回はじかんがあまりなかったため、なべにぶち込みました。
油不使用、完全ベジタリアンタイプのヘルシーカレーです!(偶然)
わたしは魚も肉も食べますが。


こうしてつくったレンズ豆カレーを翌日パン生地をつくってくるんで焼いて、いちばん最初の写真のようになったわけです。
レンズ豆カレーパンです。

d0051963_2232454.jpg



ダブル新年豆行事でそのうえレンズ豆カレーをダブルで楽しむというよろこびがいくつも分裂していくような新年豆行事を行うことができたので、今年はなんと縁起がよいことでしょうか。
よい1年になりそうです。
みなさまもおいしいものをおいしく食べて、よい1年を過ごしましょう!

2度目の新年豆行事について読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2014-01-20 22:10 | 食物
たいへん遅ればせながらあけましておめでとうございます・知らぬ間に新年豆行事
こんにちは。

さいきん更新がたいへんおろそかになっている麻ブログですが、あけましておめでとうございます!
パンパカパーン!みなさま、ことしもよい1年にしましょう。

d0051963_1511665.jpg

毎年恒例のおせち料理です。みなさまもうそろそろおせち料理のことを忘れたころではないでしょうか。
去年も年末にこそこそこつこつして、年が明ける数分前にできあがりました。
そしてツイッターを見ていると、テレビから10、9、8,7…と、カウントダウンがきこえてあっけなく年があけました。
わたしの年末年始です。

おせちりょうりは奇数がいいらしいので、毎年恒例、わたしは11品つくりました。

お品書き

黒豆
数の子
菊花かぶ
栗きんとん
伊達巻
叩きごぼう
田作り
にしんの昆布巻き
煮しめ
焼き豚
海老のうま煮



去年のおせち料理と違うところは、ゆり根きんとんが栗きんとんになったところくらいで、あとは同じです。

d0051963_157586.jpg

甘酢におよぐ菊花かぶ


d0051963_1594683.jpg

並ぶ煮る前のにしんの昆布巻き


d0051963_202037.jpg

叩かれる叩きごぼう


d0051963_21010.jpg

まっくろに浸かるあまい黒豆


d0051963_221831.jpg

煮えたぎるにしんの昆布巻き


d0051963_22528.jpg

昆布巻きに使わなかったにしん(と余ったかんぴょう)をあまく煮て、年越しそば用にしました。


おせち料理プロセスの1部です。毎年きもちはいっぱいいっぱいです。
ですが、新年においしく食べられることはうれしいです。


ところで、わたしは毎年新年に、新年豆行事を行います。
新年豆行事というのは、すきなたべものがまめるいのわたしが思いついた新年の行事で、新年、こころあらたに豆を煮る、というものです。
今までいろいろな豆を煮てきました。

しかし、ことしはというと、新年豆行事で何をしようと考えたりしてはいたのですが、はっと気付いたら、無意識のうちにもう豆を煮ていたのです。
はじめての無自覚新年豆行事です。

d0051963_2115096.jpg

これが、無自覚のうちに行われた、新年豆行事です。
新年のある日、カレーが食べたいと思って、金時豆が家にあったので、金時豆とカリフラワーと玉ねぎのカレーをつくって食べました。
ですが、わたしはパッと思ってつくっただけで、これが新年豆行事だぞ、という気負いはどこにもなかったのです。でも結果的に新年豆行事を行ってしまったことになります。

カレーはおいしかったし、だからといって何か問題があるわけでもありませんね。
それでも昨日わたしは、仕切り直しの新年豆行事を行いました。ただ食べたかっただけですが。
そのようすは次回お伝えします。


みなさま、ことしも麻ブログを読んでくださりありがとうございます。
みなさまにしあわせが訪れる、よいとしでありますように。
では。
[PR]
by asa_blog | 2014-01-17 02:23 | お祝い