アカヤマタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg
d0051963_027595.jpg

d0051963_0282373.jpg
2011.5.12
地面からひょっこり生えている、アカヤマタケです。
小さなかわいいきのこです。

傘は1.5cm~3cmくらいのものを見かけました。

このきのこは秋のものらしいのですが、わたしは毎年初夏くらいにいつも目にします。
今年は早く、5月に見かけました。
今年はなんだか、去年とほかの種類のきのこでも、生えていた時期がわりとちがうのです。
気候のせいでしょうか。

これはオレンジ色ですが、いつもはもっと赤っぽいものを見ます。

d0051963_0283487.jpg
2011.5.12
近くにあった、わりと朽ちているアカヤマタケ。
アカヤマタケは、後で紹介しますが、劣化してくると、黒っぽくなります。
これも黒っぽくなっていますね。

d0051963_0285042.jpg
2011.8.27
さて、これはいつもいく森ではなく、平湯で見つけたものです。
つやつやで、小型で、きのこっぽくて、夢のようなきのこです。
見つけると、ちょっとおてんばないもうとを見つけた気分になります。

d0051963_029720.jpg
2011.8.27
これは同じものをアップめに、別のカメラで撮影したものです。
このみずみずしさは、ドキドキしますね。
さすが、ヌメリガサ科です。


さて、今年はこの2日しかアカヤマタケを見ませんでした。
前に見つけたアカヤマタケはもっと赤くて、その次の年に見かけたアカヤマタケはもっと黒変して、真っ黒になっていっていたので、それも紹介します。
d0051963_1292554.jpg
2009.7.22
これが、はじめて見つけたアカヤマタケ。
赤くてちっちゃくて、とってもかわいいきのこでした。

d0051963_1851136.jpg
2010.7.10
これはその次の年に見た、古びて黒変しかかっているアカヤマタケです。わりと乾燥しているのか、つやもありません。

d0051963_0343185.jpg
2010.7.10
これはまさに真っ黒になって見る影もないアカヤマタケです。
あのかわいいきのこが、このような恐怖きのこ?に変わるとは、不思議です。


このきのこは、地面から生えてくるので、なにかの樹木の菌根菌かと思っていたのですが、菌根菌ではなく、腐生菌らしいです。
つまり、樹木の根と共生関係を作って生きていて、地面から突然生えてくるのかと思ったのですが、
生物の遺体や排泄物などを分解して生きている種類らしいです。

アカヤマタケは小さくて、(今まで見かけた中では1.5cm~3cmくらいで、傘が開ききったものだと5cmくらいになります)傘の部分が湿っているとぬめりがあり、色はオレンジ色~赤色、(劣化していると黒っぽい)傘の裏のひだは黄色~オレンジ、柄も黄色~オレンジというかんじの見かけです。
見つけたらきっとわかると思います。

これは食べられるらしいのですが、中毒例も報告されているようで、容易に手出しできないきのこです。

今日はかわいらしいきのこを紹介しました。読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-11-16 01:20 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
<< テングタケ (麻ブログにわかき... スエヒロタケ (麻ブログにわか... >>