ヒナノヒガサ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg
d0051963_1483976.jpg

d0051963_149861.jpg
2011.5.31
これは、ヒナノヒガサです。とても小さいかわいいきのこです。
幼菌で小さいと傘の径3mmくらいで、大きなもので1.5cmくらいのものを見かけました。
そのくらいの小さなきのこです。
みずみずしいコケの間に生えてくる、オレンジいろがきれいなきのこです。
いっつもこのきのこを見るときコケとセットです。
コケなにか関係があるのでしょうね。
それについては調べてみたもののよくわかりませんでした。

d0051963_1491657.jpg
2011.6.11
この日はわりと大きなヒナノヒガサを見かけたのです。
傘の径1.5cmくらいはありました。

d0051963_1492461.jpg
2011.6.11
その近くにあった、脱色してしまっているヒナノヒガサです。
こんなに白っぽいですが、さきほどの大型ヒナノヒガサといっしょに生えていたし、かたちもいっしょなので、同じヒナノヒガサです。
オレンジいろのものも混ざっていますね。

d0051963_1493675.jpg
2011.6.23
この日もかわいらしく生えていたヒナノヒガサです。

d0051963_1494794.jpg
2011.6.27
はりはりのきれいなコケの間に生えているヒナノヒガサ。
かわいらしいヒナノヒガサは、小さくて、見逃してしまいがちです。
でも、コケが生えていて、ん?オレンジのつぶつぶがあると思ったときには目をこらしてみると、このヒナノヒガサが見つかります。


これにすごくよく似たきのこに、ヒメコガサというものがあります。ヒナノヒガサはキシメジ科なのですが、ヒメコガサはフウセンタケ科で、科も違うのに見た目はとても似ています。
ヒメコガサは、なんか尖っているイメージです。ヒナノヒガサはくぼんでいるかんじです。
わたしの勝手な判断なのでどうだかわかりませんが。
でも大きさも、コケの中に生えるところもおなじで、いろもこんなオレンジいろなので、見分けるのはむつかしそうです。
わたしも見分けられているかどうかわかりません。

コケの中にオレンジいろを見たら、目をこらしてみてください。
きっと見つかります。

わたしは5月~6月にしか見かけませんでしたが、春や秋に生えるきのこだそうです。
このきのこは小さいですが、毒があるようです。小さいからといって食べない方がいいです。
ヒナノヒガサについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2011-11-22 02:22 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
<< ハカワラタケ (麻ブログにわか... シロキクラゲ (麻ブログにわか... >>