新年発熱とあやしいレコード
こんにちは。
わたくしごとですが、去年の年明け、わたしは高熱に見舞われました。
これは去年の麻ブログの記事、「終わらない大掃除と39度の熱であけました、おめでとうございます」です。
新年2日から、39度の高熱に見舞われたのです。

そしてもちろん?今年も高熱はやってきました。わたしにとっては新年恒例の行事のようです。
今年は4日にそれはやってきました。4日に薄着で大須をうろうろしたのがいけないのですが、帰ると悪寒、節の痛みがおこり、あっというまに体温計は39度9分という数字をたたきだしたのです!

しかしそれはきっとわたしにとって、新年早々高熱でからだの毒をおそうじできる、デトックスてき行事なのです。
今回悔やまれたのは、5日にすごくひさしぶりに会う友だちを交えた集まりがあったことです。
その子に会えなくてそれはとても残念でしたが、またこんどもっと会いたい!と強く思えたので、その思いでまたいつか会いたいです。

今回もインフルエンザを疑ったのですが、インフルエンザではなく、ただのかぜでした。
かぜはみるみるよくなり、数日後にはスノーボードをしに出かけるような元気っぷりでことしも健やかに過ごせそうです。

この発熱の原因は先ほども書きましたが4日に薄着で大須をうろうろしたことだと思われるのですが、そのとき購入したあやしいレコードを紹介します。

d0051963_0353216.jpg
これがそのレコードです。
「未知なる訪問者-驚異のコンタクティ証言-」というこのレコード、いかにもあやしげです。
でもわたしのこのみです。

内容を紹介します。
SIDE-A
1.偉大なるコンタクティ「宇宙語書き取り」に成功
~大僧生・北野恵宝師の証言~パート1…………<姫路市>
2.これが宇宙語だ…地球人類への警告<日本語訳付>パート1
~今、地球は傾き始めている~
3.大僧生・北野恵宝師の証言 パート2

SIDE-B
1.UFO写真と少年
~田中博人君の証言~…………<名古屋市>
2.宇宙人の写真撮影に成功…驚くべき放電現象と電子音
~UFO写真家・塩田義一氏の証言…………<愛媛県川之江市>
3.群馬県・箕郷町で起きた奇怪な”石傷”事件
4.ぶどう畑に着陸したUFOと宇宙人目撃
~少年・河野雅人君と山畠克博君の証言~…………<甲府市>
5.これが宇宙語だ…地球人類への警告<日本語訳付>パート2
~金星人はすでに他の星への移動を開始した~

内容を見ただけでもうなにもかもがあやしげです。
レコードをながすとドキュメンタリー調に、落ち着いたナレーターのことばと、よくわからない宇宙語、なんか方言のおじさんの話し、へんな宇宙的なおと、宇宙語を訳したと思われる女性の声、少年らしき人たちの証言?などが聴こえてきて、もうもりだくさんの内容で、たいへんあやしげなのです。

それは、なんともドキドキして、たのしいものでした。
少年へのインタビューで宇宙人の顔はどうだったか、みたいなところで、牙があった、口はないけど牙はあった、と言っていて、口はないのに牙があるとはどのような状態なのだろうとかすごく盛り上がりました。

なんだか、BGMとして流しているだけでへんな緊張感のはしる、すてきなレコードをわたしは手に入れたのです!
今、地球には、何千、何万とUFOがやってきているらしいです。
もう、じぶんが今どこにいるのかわからなくなってくるほどです。

こんなたのしいレコードが安く手に入るなんて、とてもうれしいことです。
レコード探し、いろんなところでやっていきたいものです。

小さいころ、この手のあやしいUFO番組がテレビでいっぱいやっていて、いつもすごくこわくて、でもドキドキして見たくてドアの陰からのぞいていて、見たいなら見ればいいようなことを言われ、テレビの近くで見せられるとこわくて泣いていたことを思いだします。
あのUFOブームのころ、いろんなことがねつ造され、コンテンツとしてお茶の間におもしろおかしく届けられていたのでしょうが、あのころ漂っていた、なんというか漠然とした不安、そして憧れのような雰囲気をわたしは今でもとても愛おしく思います。

新年早々、うちゅうの洗礼?をうけたわたしは、ことしもうちゅうのとしになりそうです。
新年早々の発熱により、いつも新年あけてから書くわたしの年賀状はいまだできていません。
しかし、鋭意製作中です。
もう年賀状なんて忘れるような時期ですが、届くはずの方々、いましばらくお待ちください。

わたくしごとの発熱と、あやしいレコードについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-01-10 01:46 | おんがく
<< もちろん2012年も新年まめ行事 2012年もあけましておめでと... >>