氷見~高岡、藤子不二雄せんせいの故郷をたずねて・その1
こんにちは。
わたしは先日、敬愛する藤子不二雄せんせいの故郷、富山県に行ってきました。
藤子・F・不二雄せんせいがわたしはだいすきで、モジャ公はわたしのバイブルです。何度読み返したかわかりません。
チンプイ、T・Pぼん、SF短編、エスパー魔美、もちろんキテレツなんかもすきです。
パーマンのよさを熱弁しすぎて、パーマン2号というあだ名をつけられたことすらあります。
Aせんせいもすきで、ハットリくんなどの有名なものをはじめ、黒ベエなんかの絶妙センスには、驚きを隠せません。ウルトラBもすきです。

とにかく、そんなせんせいがたの故郷にわたしは行ってきました。

d0051963_0234349.jpg
氷見駅に到着!氷見は藤子不二雄Aせんせいの出身地です。

d0051963_0243847.jpg
タクシーもハットリくん仕様です。かといって運ちゃんはふつうの人で、知人と談笑しています。

d0051963_026347.jpg
獅子丸くんが駅でお出迎えでした。相変わらずです。

d0051963_0263715.jpg
よくある写真を撮る用のもの。でもこれ、なんだか微妙なタッチでした。

d0051963_0295177.jpg
ドットが粗い。

氷見駅を堪能したのち、海鮮館という市場てきなところへ行きました。
d0051963_0305420.jpg
ここにも何かAせんせいスポットがあるのでしょうか。

d0051963_0323246.jpg
あっ!ひみぼうず!ひみぼうずとはAせんせいがデザインしたという氷見のキャラクターです。
さすがの人気者、人にかこまれています。

d0051963_0365653.jpg
これがひみぼうずです。
頭をなでるといいらしいです。

中に入ると、そこは海鮮市場でした。
d0051963_0403871.jpg


d0051963_0413592.jpg
ナマコ、すごいです。3びきで500円って安いのでしょうか。どう食べるのかよくわかりません。
ホタルイカとか、富山湾の宝石、白エビとかも売っていました。

d0051963_043794.jpg
もちろんカニなんかも売っていました。

d0051963_0433952.jpg
食べものをもっているとトンビがくるらしいのですが、食べものをもっていなかったのでトンビはきませんでした。

d0051963_0443231.jpg
ここにもひみぼうずくん。ハットリくんたちもいました。

次回は氷見の商店街でハットリくんを堪能するようすをお伝えします。
読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-05-05 22:37 | 旅行
<< 毎年恒例・桜撮影2012 レッツきなこ >>