ハナオチバタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg

d0051963_22782.jpg

見た目:かわいさの絶頂!みたいなきのこです。
疑う余地のないピンク色、傘には放射状の溝があり、かたちはまるでおかしのアポロ、かわいい、を全身で表現したようなきのこです。
かわいい傘に対し柄は細く、針金状です。そのきゃしゃなかんじがよりいっそうかわいさを強調します。
時期:夏~秋のきのこらしいのですが、わたしは2009年の7月22日、ただ一度しかこのきのこを見たことがありません。
大きさ:傘の径1cm~1.5cmくらい、柄の長さ3cm~5cmくらいのものを見かけました。
食毒:食不適、と思われます。


d0051963_222199.jpg
2009.7.22
あ、何これは、かわいい!と目を止めずにはいられませんでした。
これはわりと傘が開いています。

d0051963_222746.jpg
2009.7.22
こうなってくると、もう、かわいいとしか言えませんでした。
どうしてこんな、かわいらしさを表現したかのようなものが自然にできて、生えてくるのでしょうね。

d0051963_223595.jpg
2009.7.22
下のほうにぼんやりうつっている、小さい丸いピンクは、ハナオチバタケの幼菌です。
このようなまるこい小さいものが、アポロふうの傘に変化します。



このきのこ図鑑では、2011年に見つけたきのこを主に紹介しているのですが、それぞれ、見つけた順に番号を付けてデータをまとめてあるのです。
しかし、ブログに載せる段階で、あんまり不確かな同定のものはのせていないので、順番の番号に空きが出てきています。
わたしの事情なのですが、その順番の番号をうめるために昔の写真を持ちだし、紹介することにしました。
ですので、このきのこは2009年に見つけたものなのですが、紹介します。
しばらく昔見つけたきのこが続くと思います。

このきのこは、まるで妖精のようです。
まさかのかわいさです。
こんなにかわいいきのこがあると思うと、世の中捨てたもんじゃないな、と思います。
そもそも世の中捨てたもんだとはとくに思っていませんが、そういう言い回しをしたくなるほど、かわいいきのこだと思うのです。

わたしはきのこらしくないきのこを見つけるとき、わっ!と身を乗り出してしまいますが、
このような、かわいすぎるきのこを見つけたときも、わっ!と身を乗り出してしまいます。
だいたいどんなきのこを見つけても、わっ!と身を乗り出してしまうのですが。
何が言いたいのかよくわかりません。

ハナオチバタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-07-04 21:39 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
<< ベニヒガサ (麻ブログにわかき... ミキイロウスタケ (麻ブログに... >>