カバイロツルタケ (麻ブログにわかきのこ図鑑)

d0051963_18172478.jpg

d0051963_22201493.jpg

見た目:茶色っぽいきのこ。
幼菌のころは卵みたいなかたちでかわいらしく、傘には放射状の溝線がきれいにあります。
柄はまっすぐ伸びていて黄色い模様があります。
時期:夏~秋のきのこ。わたしは10月に見かけました。
大きさ:傘の径5cm~7cmくらい、柄の長さは10cm~12cmくらいのものを見かけました。
食毒:食べられるきのこです。しかし、テングタケ科には猛毒菌もたくさんあるので、注意が必要です。


d0051963_22203187.jpg
2009.10.3
竹林にたまご発見!なんてつるっとしているのでしょう。
最初、キタマゴタケ?と思ったのですが、ちょっと色が茶色っぽいです。

d0051963_2220419.jpg
2009.10.3
少し離れて撮ってみました。離れてみても相変わらずつるつるです。

d0051963_22204918.jpg
2009.10.10
先ほどのつるつるのきのこは、7日たつとこのようになっていました。
茶色が濃くなり、傘が開いています。
つるつる感は失われました。

d0051963_22205710.jpg
2009.10.10
この日、近くにまた新しい幼菌がつるつる生えてきていました。
でも、最初に見つけたものよりは弱々しいです。



テングタケ科のきのこの幼菌はわりと、このきのこのように、たまごみたいにつるっとしてかわいらしいことが多いです。
このきのこもとってもかわいらしいです。最初キタマゴタケかなぁと思ったのですが(キタマゴタケは見たことないです。)傘が開くと明らかに茶色かったので違いました。これはカバイロツルタケです。

このきのこは食べられるらしいのですが、この仲間のオオツルタケは毒があるらしいですし、ツルタケダマシというわりと似た毒きのこもあります。
テングタケ科には猛毒菌がいっぱいあり、何かと間違えないとも限らないので、わたしはきっと食べないきのこだと思います。

色や形はとくに目立ったことのないきのこですが、よく見ると傘の溝線がきれいに入っているし、幼菌のころはたまごみたいでかわいいし、魅力的なきのこです。

カバイロツルタケについて読んでくださりありがとうございます。
では。
[PR]
by asa_blog | 2012-07-23 22:49 | 麻ブログにわかきのこ図鑑
<< ズキンタケ (麻ブログにわかき... アカヤマドリ (麻ブログにわか... >>