うちゅうばなの服
こんにちは。
いつのまにか12月のまんなかになっていました。
というわけでおひさしぶりです。

今日はうちゅうばなの服を紹介します。

d0051963_22163447.jpg


これは、うちゅうのはなの一種の刺繍をほどこし?てある、
ごく単純なパターンでつくられた服です。
パターンとかえらそうに言っていますが、ただ切った紙みたいな型紙です。
先日紹介した、「地球の上に生きる」を参考にしました。
とっても単純なつくりです。
給食当番や、給食のおばさんの服に似ています。

宇宙の花といえば、この地球に咲いているものも、宇宙の花なので、
とりたててうちゅうのはな!というようなものでもありませんが、
このうちゅうのはなは宇宙犬の暮らす、拳星に咲くものです。

d0051963_2232173.jpg


これは刺繍のアップです。
このはなの、ふさふさになっていないほうの丸い部分から、
じわじわと、とてもおいしい蜜が出ます。
これは、宇宙犬の大好物で、拳星土産としても人気があります。

蜜のあじは、フルーティであり、さわやかな甘さと適度な酸味、魅惑的な香りが、とても絶妙らしいです。
拳星では日常的に、「拳星のパンのようなもの」につけて食べたり、水にまぜて飲んだり、もちろんそのままでもおいしくいただいているようです。

また、この花の香りや蜜には気持ちを落ち着かせるような効果があり、花のにおいをかいだり、蜜を食べると、
いい気分になって、なんとなくニコニコとしてしまいます。
前に紹介した、祭り草と比べて、ずっと穏やかな花です。

そんなおいしい蜜を一度は味わってみたいです。
では。
[PR]
by asa_blog | 2006-12-15 23:25 | 刺繍
<< 終わりがけにメリークリスマス 黄色い子ども、Yellow K... >>